メディア個別 100均で手作り! 子どもの自立を促す「お支度ボード」 | いまトピママ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

100均で手作り! 子どもの自立を促す「お支度ボード」

第277回 いまトピママ
子どもの忘れ物対策に、かわいい「お支度ボード」を手作りしませんか?
自分から楽しんで支度をしてくれる工夫、100均グッズを使ったリーズナブルな作り方をご紹介します。
新学期、新しい環境に飛び込んでいく子どものサポートにもおすすめですよ♪

「お支度ボード」とは?

お支度ボードとは、朝の支度や帰宅後の行動・準備を、目で見て確認しながらスムーズに進めるために活用する育児グッズのひとつ。

忘れ物を防ぐだけではなく、子どもが自分から準備を行うことで「自立」を促すことにもつながります。

わが家の子どもは園児ですが、学年が上がるごとに持ち物も変わってきました。

息子と娘で持ち物が違う日もあるため、母親である私がうっかり忘れてしまうことも……。

ただでさえ慌ただしい朝、ついのんびりしてしまう帰宅後に、何をやらなければいけないのか子どもが自分自身で理解できるよう、小学校への入学を踏まえて「お支度ボード」を導入することにしました!

お支度ボードを作ってみよう!

100円ショップで手に入るグッズで、オリジナルのお支度ボードを作ってみましょう!

材料はこちら。

・ホワイトボード
・ホワイトボードマーカー、イレーザー
・油性ペン(ホワイトボード用ラインマーカー)
・マグネットシート(両面つくタイプがおすすめ)
・カラーシール(今回は丸のものを使用)

シールを使わなくとも、手描きのイラストや文字だけでもOKですよ。

ホワイトボードは店舗によってさまざまなサイズがありますが、今回はウッドフレームが可愛い小さな20cm×26cmサイズを選びました。

作り方

1.まずは「何を確認させたいか」を書き出してみましょう。
ここでオリジナルお支度ボードのおおまかな形が決まります。

わが家は年齢があがるにつれこちらの言うとおりに動かなくなったことと、最近時計が読めるようになったので、「何時になったら何をする」と時間を決めて支度できるよう、時計マークもつけることにしました。

2.ホワイトボードに、必要な分の枠を書きます。
油性ペンで書いてもいいですが、消えてしまう場合があるので、しっかり線を引きたいときはホワイトボード用ラインマーカーを使うのがおすすめです(こちらも100均で手に入ります)。

ちょっとズレても貼り直しできるので、油性ペンより安心感があるかもしれませんね。

わが家はこのように線を引きました。

3.マグネットシートにピンク色の丸シールを貼り、切り抜きます。

4.切り抜いたら、裏には青の丸シールを貼ります。
ピンクの方には「できた」、青の方には「まだ」と油性ペンで書きます。

わが家はこのほか、緑のシールで時計マークも作りました。

5.ボードの枠線に合わせて、ちょうどいい大きさの長方形にマグネットシートを切ります。

6.確認事項をマグネットシートに書き込んだら、できあがり!

パッと見で「できたか、まだやっていないか」かが分かるよう、できたら青いシールをひっくり返してピンクの「できた」が見えるようにしています。

わが家の朝は持ち物ひとつひとつマグネットをひっくり返している余裕はないので、毎日必要な持ち物は「おべんとう・コップ・タオル」とまとめてしまい、あとは下の余白に補足的に書き込むことで「もちもののかくにん」をしてもらうようにしました。

小さな子どもなら、マグネットを大きめにして持ち物のイラストをつけ、カバンにいれたらペタッと貼る!という簡単システムでもいいですね。

自分で作るから、やる気も起きる

手作りなら子どもの性格に合わせて作ることができるのもいいところですね。

子どもと一緒に作ることで、子ども自身のやる気も起きるのではないでしょうか。

今回、わが家では息子も「ボクもお手伝いする!」と率先して参加してくれ、「このシールは何色にする? じゃあ貼ってもらえるかな」「時計はどう描いたら分かりやすい?」と一緒に作ることで、自分のためのお支度ボード!という気持ちが盛り上がったようです。

今まで面倒くさがっていた「あさのはみがき」も、お支度ボードがあるから頑張れるようになりました。

子どもの自立を促すお支度ボード、新学期に向けてぜひ作ってみてくださいね!

(文・古屋ナシコ)

いまトピママ
いまトピママ
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。

ピックアップ

見栄っ張りなママ友の特徴と上手な付き合い方は?
険悪な姉妹……ママが考えた「姉妹が仲良しになる」方法
育児経験が仕事に役立つ!『子育て支援員』になるには?
長男を親に依存する子にしてしまった私…。2人の子育てをして思った「自立した子」の育て方。