メディア個別 ジャレッド・レト、ロッククライミングで危機一髪!? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ジャレッド・レト、ロッククライミングで危機一髪!?

第1139回 海外スターの最新ニュース

ジャレッド・レト(48)がロッククライミング中、危機一髪の状況に追いやられたという。ジャレッドは、映画『フリーソロ』で知られるプロロッククライマー、アレックス・オノルドとネバダ州でロッククライミング中、ロープが岩との摩擦で切れてしまったことをツイッター上で明かしている。

外側を覆う繊維が切断されて内部が見えた状態のロープの写真を投稿したジャレッドはこう綴っている。「大騒ぎするつもりはないけれど、僕はこの日死にかけた。アレックス・オノルドとレッドロックキャニオンを登っていた時、かなりの高さから落ちたんだ。上を見上げた直後に、ロープが岩で切れてしまった。地上600フィート(約183メートル)にぶら下がっていたところだった。見下ろした時の気持ちを覚えている」「奇妙な瞬間だった。恐怖よりも、現実をそのまま受け入れていたね。少しメランコリックだったかな。その後岩にしがみついた時アドレナリンがやってきた。それにも関わらず、僕たちは最後まで登り切って、次の日を迎えられたよ。冷えた汗と口が開いた微笑み。全体的に見て、結構楽しかったね。僕たちは夜になっても登り続けていたんだ」

しかしジャレッドにとって、危機一髪体験をしたのは今回が初めてではなく、2017年にもヨセミテ国立公園のタフトポイントで転げ落ちたことを明かしていた。「最近命を落とすところだったよ。人生で何回かこういうことがあった。ヨセミテで、タフトポイントにぶら下がる状態になったこともあった。地上3000フィート(約914メートル)から渓谷を見下ろしていたよ。自分にとてもダイレクトに問いかけたことを覚えているよ。『どうする?正気を失うと非能率になる。できるだけ冷静でいることが生存に非常に大切だ』ってね」

何度も危険な目に遭っているジャレッドだが、ロッククライミングを止めるつもりはないようで「登るという行為は、自分の限度や能力についての深く内省的な自分との会話だよ。多くの成功と失敗が伴う。そしてとても多くを学ぶのさ」と話している。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ