メディア個別 『ドラキュラ』の新作映画が製作中 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

『ドラキュラ』の新作映画が製作中

新たな『ドラキュラ』映画がブラムハウス・プロダクションズによって製作中のようだ。ザ・ハリウッド・レポーターによれば、最近『透明人間』のリバイバル版『ジ・インヴィジブル・マン』を世に送り出したジェイソン・ブラム率いる同社が製作中のこの新作に向けては、『ガールファイト』などで知られるカリン・クサマが監督に予定されているようで、配給はユニバーサル・ピクチャーズが担当すると見られている。

ブラムハウス・プロダクションズは現在、基盤を固めている段階にあり、現段階ではユニバーサル製作にはなっていないため、他のスタジオが参加する可能性もあるものの、ブラムハウスはユニバーサルとファーストルック契約を交わしているため、ユニバーサルで落ち着く可能性が高いとみられている。

リブート版『ドラキュラ』は『ジ・インヴィジブル・マン』同様、現代に舞台を移すことになると思われており、クサマ監督は夫フィル・ヘイとマット・マンフレディが共同執筆した脚本を基にメガホンを取る予定だ。

ユニバーサル・スタジオは、「ユニバーサル・モンスターズ」シリーズのリブートで、トム・クルーズ主演の2017年作『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』の成績が振るわなかったことを受け、女性監督主導の方向性に目を向けており、大スターを起用することよりもストーリー性を重視するよう指示を与えていると思われている。