メディア個別 トム・ハンクス夫妻、新型コロナウイルスに感染 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

トム・ハンクス夫妻、新型コロナウイルスに感染

トム・ハンクス(63)と妻リタ・ウィルソン(63)が新型コロナウイルスに感染したという。現在オーストラリアを訪れているトムとリタは、身体の痛みや悪寒、微熱があったことから検査を受けたところ陽性と発覚、現在隔離環境にいるという。

アカデミー賞受賞俳優のトムはインスタグラムに「やあ、みんな。リタと僕はオーストラリアにいる。僕たちは風邪にかかったようなだるさや身体の痛みを感じたんだ」「リタは悪寒も感じていた。微熱もあったよ。たった今世界中で必要とされているように、きちんとしようとコロナウイルスの検査を受けたんだ。陽性だったよ」と投稿し、自身の感染を告知した。また今後は、医師の指示に従うとして「僕たちは、今後検査を受け、観察下に置かれ、人々の健康と安全のため必要なだけ自主隔離を続けていくよ。とりあえず必要なことを1日1日してゆくだけさ。経過は追って伝えるから。身体に気を付けて」と続けている。

同夫妻は、バズ・ラーマン監督によるエルヴィス・プレスリーの伝記映画の製作へ向けてオーストリアを訪れていた。主演のオースティン・バトラーほか、マギー・ギレンホール、ルーファス・シーウェル、オリヴィア・デヨングらが出演する同新作は、トムの感染を受けて現在製作準備を一時停止しており、製作側のワーナー・ブラザースは「現在オーストラリアのゴールドコーストで製作準備中のエルヴィスの映画のメンバーがCOVID-19の検査で陽性となったと聞いています」と声明を出している。

同映画関係者の中でほかにも感染者が出ているかどうかは明らかにされていないが、ゴールドコースト・ブレティン紙によるとラーマン監督は、撮影セットを訪れないようにと綴った手紙を関係者に送ったそうだ。