メディア個別 リチャード・E・グラント 、新作ドラマ『ロキ』出演へ | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

リチャード・E・グラント 、新作ドラマ『ロキ』出演へ

リチャード・E・グラントがDisney+で配信予定の『ロキ』に出演する。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』でのプライド将軍役も記憶に新しいリチャードが演じるキャラクターについては明らかになっていないものの、1エピソードのみの出演になると言われている。リチャードは『LOGAN/ローガン』でザンダー・ライス博士を演じた経歴を持つことから、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品への出演は今回が2度目となる。

これまでのMCU作に引き続き、トム・ヒドルストンがタイトルロールを演じることになっている新ドラマでは、ロキが人間の歴史におけるさまざまな時代に登場し、影響を及ぼす姿が描かれるようだ。

ほかにもオーウェン・ウィルソン、ググ・バサ=ロー、ソフィア・ディ・マルティノーらをキャスト陣に迎え、2021年初旬の配信開始予定となっている本作は、マイケル・ワルドロンが脚本と製作総指揮を担当、同じく製作総指揮も担うケイト・ヘロンが全エピソードでメガホンを取ると見られている。

MCU作品からは他にも『ミス・マーベル』や『ワンダヴィジョン』、『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』などがDisney+向けに制作されており、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が全てにおいて製作総指揮に携わっている。

しかし、8月配信スタート予定の『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は先日プラハで始まっていた撮影が、コロナウイルスの影響により中止となったことで、制作に遅れが出ているとみられている。