メディア個別 忘れていませんか?4月の値上げや締め切りを迎える前にできること | ベビーカレンダー | ママテナ
忘れていませんか?4月の値上げや締め切りを迎える前にできること

忘れていませんか?4月の値上げや締め切りを迎える前にできること

2017年も3月になり、春も近付いているころですが、新年度を迎える前に値上げや締め切りが迫っているものがないか確認する時期でもあります。そのなかでも、3月中に手続きを検討した方がいいものもありますので、ご紹介していきます。

 

2017年も3月になり、春も近付いているころですが、新年度を迎える前に値上げや締め切りが迫っているものがないか確認する時期でもあります。そのなかでも、3月中に手続きを検討した方がいいものもありますので、ご紹介していきます。

 

1.生命保険料の値上げ

昨年からはじまったマイナス金利の影響等を受け、2017年4月から貯蓄性のある保険(学資保険、終身保険、養老保険、個人年金保険等)を中心に保険料の値上げを予定している保険会社が多くあります。

 

年齢や性別、保険種類により値上げ幅は異なりますが、10%程度値上げするものが多いようです。値上げは4月以降に新たに加入する場合の保険料が対象なので、今まで加入している生命保険料はそのままです。

 

そのため、生命保険の加入や見直しを予定されている方は、3月末までにお手続きを終えることによって、値上がりする前の保険料で加入することができます。しかし、医療保険や収入保障保険等の掛け捨ての保険は、値上げを予定していない保険会社も多いようです。そのため、生命保険の加入や見直しを検討している方は、4月の値上げ対象かどうか確認するといいでしょう。

 

2.市区町村と都道府県の補助金・助成金の締切

市区町村と都道府県(以下、地方自治体)は、3月が年度末のため、予算や行政サービスの切り替えのタイミングとなります。児童手当等は変更がなく継続されますが、地方自治体独自の補助や助成金が2016年度を対象としているものは、3月末で締め切られるものもあります。

 

たとえば、愛媛県松山市で実施されている“節水機器の補助制度”は、2017年3月31日までに購入・改造したものまでが対象となります。また、お子さんの学年も4月1日で変わるため、子ども医療費の助成が切り替わる対象年齢のお子さんは3月31日までの治療が対象となりますので、治療が4月を超える方は注意が必要です。

 

まずはお住まいの地方自治体の補助金・助成金の締め切りが迫ったものがないか、確認してみましょう。

 

関連記事:

ピックアップ

「えっ、入れるの無理じゃね?」どうする?最初の壁/月経カップ入れ方編
悪い想像が頭をよぎってしまう…手術後30分以上待たされるママとパパ
2人目の出産をきっかけに長男が「チック症」を発症して…!?【体験談】
「怒られちゃう」性格が強めな友達に遠慮する娘!ママ友からも心配され…