メディア個別 脱! フツ―写真 ♪ プロが教える春の風景をきれいに撮る3つのポイント | 写真家の川野恭子とむらいさちのワンポイントレッスン | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

脱! フツ―写真 ♪ プロが教える春の風景をきれいに撮る3つのポイント
~写真家の川野恭子とむらいさちのワンポイントレッスン~

きれいな風景を目の前にしたとき、「写真に残したい!」と思って、写真を撮ることは多いと思います。でも何も考えずに撮ってしまうと、“あれ? こんなだったかな…という、理想と違う写真になってしまうことはありませんか?

今回は、写真家のきょん♪さんと、むらいさちさんに、春の風景をきれいに撮るポイントを教えてもらいました。

●光、水平・垂直、奥行きを意識しよう!

シャッターボタンを押す前に、いくつかのポイントを意識するだけで、写真はぐっとよくなります。今回の写真のポイントは、一眼カメラはもちろん、スマートフォンの撮影でも使えます。しっかり覚えて、ステキな風景写真を撮ってみてくださいね。

【ポイント1 きれいな光を見つける】

写真を撮るうえで光はとても大切です。特に外で撮影する風景写真は、同じ場所でも、季節や時間、天気などで光が変わるので風景の印象も変わります。

まず、「写真を撮りたいな」と思ったきれいな場所を見つけたら、どんなふうに光が当たっているか確認してみましょう。たとえば同じ桜でも、青空の天気のいい日、薄曇りの日では光の当たり方が違うので、写真の雰囲気や桜の色合いが変わりますよ。

春は薄曇りの日が多く、そんな日は光が柔らかくなります。柔らかい光で撮ると、影がはっきり出ないので、ふんわりした印象 で撮ることができます。こちらの写真は、太陽が昇りきっていない午前中の光で撮影しました。春の柔らかい光と、斜め上からの午前中の光で、柔らかいながらも適度な立体感が出た写真になりました。
脱! フツ―写真 ♪ プロが教える春の風景をきれいに撮る3つのポイント
マジックアワーで撮影した1枚。マジックアワーとは、日の出・日の入りの前後約10分間のことで、光が刻々と変化し空の色はグラデーションに染まります。どんなものも魔法のように写真がきれいに撮れることから、「マジックアワー」といわれています。みなさんもぜひ、マジックアワーに撮影してみてくださいね。

この写真は、手前の濡れた砂浜の反射がきれいに見えるように、光を意識して撮影ポジションを選びました。
脱! フツ―写真 ♪ プロが教える春の風景をきれいに撮る3つのポイント
昇る朝日で輝く海の水面を撮影。光が反射してキラキラしているところは、とてもフォトジェニック。キラキラポイントを見つけたら、撮ってみましょう。
脱! フツ―写真 ♪ プロが教える春の風景をきれいに撮る3つのポイント
カメラを構える高さを変えるだけで、海の輝き方は変わります。低い位置から撮ることで、海の輝くキラキラを強調しました。この写真を見ると、実際の海の明るさや色と、写真の明るさと色が違うことがわかりますね。自分のイメージに合わせて、ホワイトバランスや露出補正といったカメラの設定を変え、イメージを投影できるのも写真の面白さです。
脱! フツ―写真 ♪ プロが教える春の風景をきれいに撮る3つのポイント
【ポイント2 画面の水平・垂直を意識する】

風景は、垂直や水平を意識して撮るようにします。この水平・垂直の線が傾いていると、不自然な印象になってしまいます。カメラをしっかり構えて、まっすぐになるように撮影しましょう。最近のデジタルカメラやスマートフォンのカメラアプリには、垂直や水平の写真を助けてくれる「グリッド」や「3分割線」などを表示する機能がありますので、ぜひ活用してみてください。
脱! フツ―写真 ♪ プロが教える春の風景をきれいに撮る3つのポイント
朝日でオレンジから青に染まるグラデーションの空の美しさを伝えたかったので、空の面積を広くして撮影しました。キラキラ輝く太陽と、小さな船を画面に入れたことがポイントです!
脱! フツ―写真 ♪ プロが教える春の風景をきれいに撮る3つのポイント
こちらは白波と海の青のグラデーションを強調するため、海の面積を広くして撮った1枚。上の写真と同じ場所で撮っても、写真の主題(撮りたいもの、伝えたいもの)で水平線の位置が変わります。
脱! フツ―写真 ♪ プロが教える春の風景をきれいに撮る3つのポイント
【ポイント3 手前と奥にポイントになるものを配置する】

画面の手前から奥にポイントになるものを入れると、写真に遠近感や奥行きが出やすくなります。こちらの写真は、手前と奥に桜を入れたことで、空間に奥行きが出ました。

また、地面に近い部分を写さなかったことも、ポイントです。道や道端に生えている草の緑色を入れてしまうと、画面の要素が多くなり散漫な印象に。桜と空だけを写し、画面を整理することで、春らしい写真にまとまりました。
脱! フツ―写真 ♪ プロが教える春の風景をきれいに撮る3つのポイント
じつは、このような場所で撮影をしました。目の前の風景全部を写してしまうと、だれが撮っても同じ記録写真になってしまう可能性があります。
脱! フツ―写真 ♪ プロが教える春の風景をきれいに撮る3つのポイント
イチゴにぐっと近づき、その間から撮影しました。手前のイチゴはカメラの距離が近いのでぼけて写ります。手前のイチゴがぼけたことで、ピントの合った奥のイチゴと対比され、より奥行き感が強調できました。
脱! フツ―写真 ♪ プロが教える春の風景をきれいに撮る3つのポイント
イチゴが手前から奥まで画面に入るように、しゃがんで撮影しました。自分が動いて、奥行きを感じる場所を探しましょう。
脱! フツ―写真 ♪ プロが教える春の風景をきれいに撮る3つのポイント

●ワンポイントアドバイス

きょん♪「風景写真と聞くと、広い範囲を撮るイメージがあるかもしれませんが、目の前の広い風景の中から自分が気になった場所、“かわいい”と感じた場所だけを切り取って、アナタだけの風景写真を撮ってみましょう。自分の気持ちが写真に写ると、よりいっそう思い出深い写真になりますよ」

むらいさち「写真にとって光はとても大切です。僕が写真を撮りたいと思うのは、きれいな光の場所。風景やスナップ写真は、自分が動くことで光の向きが変わり、時間や天気でも光の強さや色が変わります。何を撮るかではなく、どんな光で撮るかを意識すると、写真はもっとステキになりますよ」
◆撮った写真はプリントしよう◆スマートフォンのおかげで、いつでも気軽に撮影できるようになりましたが、その撮りたまった写真、プリントしていますか? 画面の中だけでなく、フォトブックやプリントなど、手に取れる形で残すと、宝物のように愛着が湧いてくるから不思議です。フォトコレクションプラスなら、月額280円でフォトブック1冊かL判プリント30枚を作れるので、宝物が毎月増えていく楽しみを味わえます。家に飾ったり、おじいちゃんおばあちゃんに贈ったり…と、思い出を見える形で共有するのもいいですよね。ステキな写真が撮れたら、ぜひ形に残してみてください。



日々、大切な人のために残したい、伝えたいと、撮った写真。
スマホの中に埋もれたままになっていませんか?
ドコモのフォトコレクションプラスは、大切な思い出を毎月フォトブックにしてお届けするサービスです。【初回1冊分無料!!】
※ドコモユーザー限定

監修

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP