メディア個別 トム・ホランド、新作で「キャリア最高」の演技 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

トム・ホランド、新作で「キャリア最高」の演技

トム・ホランド(23)にとって、新作『チェリー』はキャリア最高の自信作なのだそうだ。スパイダーマン役でお馴染みのトムは同新作クライム映画で、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』でメガホンをとったジョーとアンソニー・ルッソ兄弟と再び一緒に仕事をしており、その経験には実りがあったようだ。

「『チェリー』は僕のベストだと思うよ」「ルッソ兄弟は、素晴らしい方法でマーベル・ユニバースにさよならを告げ、彼らの未来のキャリアへ向けて、この新しい章を開いたんだ」とトムはフィリピン・デイリー・インクワイアラー紙に話す。「その旅路を一緒に歩ませてくれたことをとても嬉しく思っているよ。『チェリー』を観たら、僕の変身具合にショックを受けるはずさ」

またトムは、ニコ・ウォーカーの同名小説を原作にしたこの新作における自身の役についてこう続ける。「僕のキャラクターは、映画の中では名前がないんだ。軍隊に入って軍医になる若者の話だ。イラク戦争に1年以上行って、そこでひどく大変な思いをするんだよ」「そして帰って来た時、心的外傷後ストレス障害と自ら診断して、鎮痛剤を摂取しはじめ、重度のオピオイド依存症になってしまう。薬物依存症を支えるために、銀行強盗を働き、最終的には刑務所入りになるんだよ」「これは、彼が酷い悪循環に陥ってしまうストーリーで、戦争を経験した兵士が帰国した時の対応、彼らに対する支援の欠落といった僕たちが抱える問題だ。これを観る世界中の人が驚くはずさ」