メディア個別 加藤貴子が46歳で念願の第2子妊娠! 原因は男性不妊? | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

加藤貴子が46歳で念願の第2子妊娠! 原因は男性不妊?
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

3月19日(日)、女優の加藤貴子(46)が不妊治療の末、第2子を妊娠したことを自身のブログで報告。加藤は、かねてから夫が“男性不妊”であった事実を告白していた。

加藤貴子が46歳で念願の第2子妊娠! 原因は男性不妊?
 
加藤は’90年にアイドルグループ・Lip'sのメンバーとして芸能界デビュー。解散後は女優として活躍し、’99年から5シリーズに渡って放送された昼ドラ『温泉へ行こう』で主演を務めた。‘13年10月に一般男性と結婚。3度に及ぶ稽留流産を乗り越え、’14年11月には44歳という高齢で長男(2)を出産している。

その後は育児と仕事に奮闘しながらも、‘16年2月から妊活を再開。ブログでは「ただいま 妊活中」と題し、妊活のつらさをたびたび語っており、3月12日(日)には夫が“男性不妊”だったことを告白。夫の精子が一般男性の10%しかなく、運動率5%といわれたときがあったという。

しかし、夫は担当医師の指導により生活習慣を改善。45分間のウォーキングと規則正しい生活を心がけ、食事の取り方やお酒の飲み方に気を配った結果、精子の状態は自然妊娠が期待できるまでに改善したそうだ。

そんな夫婦の努力が実り、今回の報告となった加藤。「おかげさまで、赤ちゃんを授かることが出来ました。まだ安定期には入っていないのですが、私自身の流産の壁である週数を、やっと越えることが出来たので、ここにご報告させていただきます。みなさんにここで支えていただいたおかげで、赤ちゃんが無事に育ってくれています」と感謝の気持ちを綴り、予定日は自身の47歳の誕生日を目前に控える9月上旬だと伝えている。

これまでも繰り返し襲われる流産のつらさや、ロケ先でのホルモン注射投与に困ったこと、思いどおりにいかない妊活で自分を責め、追い込んでしまった過去などをブログで赤裸々に吐露してきた加藤。今後も自身の体験談を通し、“妊活”に関する情報を発信していく予定だという。さまざまな苦難の末にやっと授かった命…どうか順調に育んでいってほしいものだ。

(文/タカザワ紅緒)
本記事で使用している画像は以下ウェブサイトのスクリーンショットです 加藤貴子オフィシャルブログ「UCKY SMILE」Powered by Ameba
話題の芸能ニュースBest3
この記事へのご意見はこちら
PAGETOP