メディア個別 1日15分「サッサカ歩き」で健康に! 下腹サイズダウンにも期待 | いまトピママ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

1日15分「サッサカ歩き」で健康に! 下腹サイズダウンにも期待

早歩きを治療に取り入れている医師が提案する、健康にいい歩き方。その効果とやり方を紹介。

不調改善やダイエット効果が続々と!

1週間試しただけで「下腹が4cmサイズダウン!」、「首・肩こりが楽になった」、「寝つきが良く、目覚めがスッキリ」など、続々と不調改善やダイエット効果が出ているのが、医師が提案するウォーキングメソッドの「サッサカ歩き」。

体にいい歩き方は、歩くフォーム以外に、「早さ」や「時間」も大切なんです。

医師の奥井識仁(ひさひと)さんによると、運動による健康効果は多くの論文で報告されていますが、一番おすすめなのは“15分の早歩き”。

続けやすい上、出る強度が強すぎず弱すぎず、ちょうどいいのだそう。

日頃から早歩きをしている人は、そうでない人と比べて死亡リスクが大きく低下します。

ホルモンが分泌されて見た目も心も若くなる!

健康のために歩きたい距離は月80〜120km、時間に換算すると、毎日15〜30分です。

歩数は気にしなくていいですが、だいたい4〜8千歩。

一般的に健康に良いとされる一万歩も歩かなくていいんです。

とにかく、15分サッサカ歩くことで健康にいいホルモンが分泌され、更年期が楽になったり、見た目の若さも保てます。

健康には女性ホルモンも男性ホルモンも大事ですが、早歩きをするとそのどちらも適切に分泌されるように。

また、体内時計の調節をする「セロトニン」、やる気が出る「ドーパミン」も出て、便秘や不眠、うつが改善されたり、更年期症状も軽くなるなどいいことづくめ!

1日15分サッサカ歩き<3つのルール>

1)15分歩く
健康や若さのために歩きたい時間は15〜30分。

毎日歩くのが理想的ですが、難しい場合は平日だけでもOK。

義務感を抱かずにゆる〜く続けることが大切です。

2)早く歩く
ダラダラ歩きは運動強度が弱く、健康効果はイマイチ。

サッサカ歩くと血流がよくなり、全身が活性化。

健康寿命を延ばす他、見え目やメンタルにも良い影響を与えます。

3)日中に歩く
紫外線にあたることで、骨の健康に必要不可欠なビタミンDが体内で作られます。

また、ホルモン分泌もよくなります。

日焼け止めを塗り、太陽が出ている時間に気持ちよく歩きましょう。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと

いまトピママ
いまトピママ
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。