メディア個別 子どもの教育費は学資保険と定期預金、どちらで貯めるべき? | いまトピママ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

子どもの教育費は学資保険と定期預金、どちらで貯めるべき?

学資保険と定期預金のそれぞれの特徴や違いを徹底解説!
学資保険の基礎知識や、2つの貯金方法のメリット・デメリットもご紹介します。
子どもの将来のために教育費の貯金を考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

【子どもの将来のために】学資保険とは?

そもそも、学資保険とはどういったものなのでしょうか?

「子どもが産まれたら、とりあえず入っておくといい保険」といった漠然とした印象を持っている人も多いかもしれませんね。

学資保険とは、子どもの学資金を準備するための保険のことです。

掛け捨て型の保険と違い、毎月支払った保険料は積み立てられ、受けとり時期に全て返戻される貯蓄型の保険です。

契約者に万が一のことがあったら、それ以降の保険料の支払いが免除になる死亡保障がついているのも大きな特徴。

プランによっては、医療保険がセットになっているものもあるなど、最近ではさまざまな形態の学資保険があります。

子どもを育てるには当然お金がかかりますが、やはり1番ウエイトを占めるのは教育費。

幼稚園~大学まですべて公立の学校に入学したとしても、1000万以上はかかるといわれています。

また、それまでの塾代や習い事代なども含めると、教育には多大な費用が必要です。

子どもに不自由のない教育を受けさせるためにも、学資保険や定期預金を利用して早いうちから計画的な貯金をしておくことが大切です。

子どものための学資保険と定期預金の違い

お金を貯蓄するという点で言えば、銀行がお金を預かってくれる「定期預金」も同じですよね。

学資保険と定期預金の違いはあるのでしょうか?

それぞれの特徴を、メリット・デメリットも交えてご紹介します。

定期預金 金利が高い 解約手続きが面倒 途中で解約しても元割れのリスクがない

定期預金は普通預金と比べて、金利が高いといわれています。

金利は銀行によって違いますが、預けている期間が長ければ長いほど金利は高くなっていきます。

一方で、1度加入してしまうと、解約手続きにとても手間がかかるという特徴も。

定期預金で貯めたお金は、コンビニなどのATMで引き出すことができず、銀行窓口のみでしか引き出せません。

これは、お金があるとつい使ってしまう貯金が苦手な人でも、半強制的に貯金ができるというメリットになります。

また、学資保険と違い途中で解約しても元割れのリスクがありません。しかし、利息が低くなるペナルティがあるので、途中解約はしない方が賢明でしょう。

学資保険 確実にお金を貯められる 返戻率が高い 死亡保障がある インフレに弱い

学資保険は、途中で解約してしまうと元割れを起こして損をしてしまうため、貯金が苦手な人でも満期まで確実に貯金ができるというメリットがあります。

また、定期預金と違い返戻率が高いのも特徴。

返戻率は保険会社によって違いますが、高いものでは返戻率108%のところもあります。

100%以上ということは、支払ってきたお金よりも受け取れるお金のほうが多いということですね。

そして学資保険ならではのメリットといえば、死亡保障があるところです。

死亡保障があれば、契約者に万が一のことがあっても、それ以降の保険料の支払いは免除になるため、子どもにお金を残すことができます。

一方で、学資保険は固定金利のため、インフレに対応できません。

定期預金と違い、学資保険は契約時の金利のまま固定されます。

契約後ずっと低金利であれば学資保険のほうが利率が高くなりますが、契約中に金利が上昇すれば不利になってしまう場合もあります。

子どもの貯蓄は学資保険と定期預金どちらですべき?

学資保険と定期預金、それぞれにメリットがありますが、子どもの教育費は結局どちらで貯めるのがいいのでしょうか?

そのひとつのポイントとして、どちらが得かすぐれているかよりも、「保険」に魅力を感じるか、感じないかを今一度考えてみましょう。

もし、すでにたくさんの貯金があったり、「子どものために必ず目標金額まで貯金する!」という強い意志があったりするのであれば、定期預金で十分かもしれません。

定期預金なら元割れのリスクがないため、今ある資産がマイナスになるという心配はないでしょう。

「保険」は、「万が一」があったときのためにかけておくものです。

万が一なにかあったときに乗り越えられるほどの貯金がない、もしくは自分の力だけでそこまで貯金できる自信がないという人は、学資保険に入っておくほうが賢明です。

学資保険なら、満期まで払えばほぼ確実に払った額より高いお金が返戻されます。

途中解約のリスクも高いため、加入すれば半強制的にお金を貯めなければいけなくなるので、どうしても貯金が苦手だという人こそ加入してみてはいかがでしょうか。

【保険でも預金でも】子どものための貯蓄は人それぞれ

学資保険と定期預金について紹介しましたが、結局どの貯蓄方法がいいのかは家庭によってそれぞれです。

ただし、学資保険で貯金する場合は返戻率が100%以上の有名な大手保険会社で契約することをオススメします。

返戻率が100%を下回る会社は絶対に選んではいけませんが、あまり名前を聞いたことがないような会社の学資保険に加入する場合も注意してください。

仮に銀行が破綻してしまったとしても、1000万円までであれば全額保護されます。

しかし、保険会社は倒産してしまったら、生命保険契約者保護機構により9割は保護されますが、1割は失ってしまうおそれがあります。

定期預金や学資保険に加入する場合はしっかりと下調べをして、自分たちに合ったものを見つけてみてくださいね。

(文・まおにゃん)

いまトピママ
いまトピママ
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。