メディア個別 フルーツをたっぷり盛り付けて!混ぜて固めるだけの簡単10分ババロアレシピ | michill (ミチル) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

フルーツをたっぷり盛り付けて!混ぜて固めるだけの簡単10分ババロアレシピ

第1201回 michill (ミチル)
料理研究家・野菜ソムリエのsachiです。子供たちは長い春休みが続いていますが、おうちにこもっている間に、スイーツ作りをして楽しんではいかがでしょうか?今回は、甘くてミルキィーな病みつきになるババロアをご紹介します。

このレシピを試すのにかかる時間

約10分(冷やす時間を除く)

このレシピを試すのにかかる金額

約250円(フルーツを除く)

ババロアとは?

『ババロア』『ムース』『パンナコッタ』『プリン』。どれも使われる食材が似ていて、遠きにあらずといったところでしょうか?

『ババロア』の特徴は、玉子・ミルク・砂糖・生クリームを使い、ゼラチンで固めるぷるぷる食感のスイーツです。

ちなみに、他のスイーツとの比較として簡単に区別するとしたら、『ムース』は、泡立てて固めたふわふわ食感、『パンナコッタ』は玉子が入らないのでミルク感が強く、『プリン』は、玉子の力で固めます。

ババロア・レシピ

ババロアの作り方はとっても簡単!牛乳に砂糖を加えて火にかけたら、ゼラチンもとかし混ぜ、生クリームを加えて冷やし固めるだけ。冷やす時間を除いたら、10分もかからず出来ちゃいます。

材料(直径14.5cm 深さ6.5cm 500mlのババロア型1台分)

粉ゼラチン 5g
水 20ml
きび糖(砂糖) 60g
牛乳 200ml
卵黄 2個分
豆乳クリーム(生クリーム) 100ml
バニラエッセンス 2〜3滴
お好みのフルーツ(いちご・ブルーベリー) 適量

作り方

① 粉ゼラチンをボウルに入れ、水に加えて3〜4分程ふやかしておきます。

② 鍋に牛乳・きび糖を入れて火にかけ、きび糖が溶けたら火からおろして①を加え、混ぜ溶かし、粗熱を取っておきます。

③ ボウルに卵黄を入れてほぐし、②を加えて混ぜ合わせ、裏ごしします。

④ 豆乳クリームを2分立てにして③に加えて混ぜ合わせ、バニラエッセンスを加えて混ぜ合わせます。

⑤ 水に濡らしたババロア型に④を流し入れ、ラップをして、冷蔵庫で2時間以上冷やし固めます。

⑥ 熱めのぬるま湯にババロア型を2〜3秒漬けて、型に付いた部分を少しゆるめてから、お皿に裏返して乗せ、型とお皿をしっかり押えて2〜3回振り、型から外します。

ババロアの周りや上にお好みのフルーツをたっぷりと飾り付けたら、完成です!

玉子とミルク、生クリームにお砂糖で出来たババロアは、濃厚でコクたっぷり!こんなババロアには、甘酸っぱいフルーツがよく合います。

今回は、旬のいちごと相性の良いブルーベリーを添えましたが、季節によって旬のフルーツをいろいろ添えて、楽しむ事が出来ますよ!

家に引きこもりがちな今、スイーツ作りをして癒されてみませんか?

michill
michill
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。