メディア個別 子どもの『早生まれ』と『遅生まれ』、得すること・損することは? | いまトピママ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

子どもの『早生まれ』と『遅生まれ』、得すること・損することは?

同じ年齢でも生まれ月によって学年が変わりますよね。
誕生日が早いと「早生まれ」、誕生日が遅いと「遅生まれ」と呼びますが、それぞれの違いってなんなのでしょうか?
今回は早生まれと遅生まれのメリット、デメリットや育児のポイントなどを紹介します。

どうして遅生まれ、早生まれって呼ぶの?違いとは

早生まれとは「1月1日~4月1日」が誕生日、遅生まれは「4月2日~12月31日」が誕生日の人のことです。

年齢計算の法律では、誕生日の前日に年を取ると定められています。

また、幼稚園や保育園、学校等は入園・入学の区切りを「4月2日」としており、4月1日までに満6歳に達したら小学校に入学することが決められています。

そのため、「1月1日~4月1日」に生まれた子どもは「4月2日~12月31日」生まれの子どもよりも1学年上になるので、「早生まれ」と呼ばれます。

対して、「4月2日~12月31日」生まれの子どもは1年遅く入学するために「遅生まれ」となります。

「早生まれ」、「遅生まれ」の言葉は知っていても、意味を聞かれると「あれ……?」と戸惑うママも多いのではないでしょうか。

学年の区切りによって、生まれ月で呼び名が変わると覚えておきましょう。

早生まれのメリットとデメリット

早生まれのメリット、デメリットはどんなことがあるでしょうか。

早生まれのメリット1:早くから刺激を受けられる

半年から1年近く早く生まれた子たちと一緒に勉強や運動をすることで、たくさんの刺激を受けることができるのがメリットのひとつ。

早いうちから箸の使い方やお絵かき、運動などに挑戦する機会も多くなります。

この時期は脳が急成長するので、発達面でよい影響を受けられるでしょう。

早生まれのメリット2:育児負担が軽くなる

4月生まれの子どもに比べて、1年早く幼稚園や保育園、小学校に入学するので、ママの育児負担が軽くなります。

日中、ほかの子どもと思いっきり遊んで体力を使うことで、夜もぐっすりと寝てくれるはずですよ。

早生まれのメリット3:同学年の子より1年若い

同学年の中でも年齢を重ねるのが遅く若々しい印象になることは、長い目で見るとメリットになりますよね。

また、早生まれの子どもは遅生まれの子と比べると幼い傾向にあるので、素直な性格が多く、周囲から可愛がられやすいようです。

早生まれのデメリット1:同学年よりも発育が遅め

月齢で見れば平均的な発達段階でも、同学年の子と比べると身長、体重が低くなってしまいがちです。

ただし、基本的には第二次性徴期の終わりまで身長は伸び続けていくものなので、個人差はあるものの、成長するにつれて気にならなくなります。

早生まれのデメリット2:はじめはできることが少なくなりがち

まだ小さいうちはできることが少ないことを親も理解しましょう。

早生まれの子は遅生まれの子よりも箸やハサミを使うのが苦手なことも多いものです。

手先の器用さはもちろん、言葉やコミュニケーションなどにはじめは差が出てしまうこともあります。

早生まれのデメリット3:児童手当がもらえる期間が短い

児童手当は生まれてから中学卒業までと、支給される期間が決まっています。

3月生まれと4月生まれの場合、手続すると11か月分の差が出てしまいます。

自治体によって、多少の違いはありますが、医療費助成も同様で、もらえる期間が短くなります。

遅生まれのメリットとデメリット

それでは、遅生まれのメリット、デメリットも見てみましょう。

遅生まれのメリット1:発達が早い

早生まれと遅生まれは成長する期間が11か月も違います。

そのため、幼いころはやれることが多く、勉強や運動などに秀でているのが特徴のひとつです。

行動も早いので、集団生活の中でも自分に自信を持つことができます。

遅生まれのメリット2:体の成長が早い

遅生まれは一般的に体格や運動能力が有利だといわれます。

同学年で比べた場合、3月生まれの子が生まれたころには4月生まれの子どもはもうハイハイしているか、早い子では歩き始めているかもしれません。

そう考えると成長の差を大きく感じますね。個人差もありますが、この差は小学生くらいまで続くといわれています。

遅生まれのメリット3:各種手当を長く受けられる

児童手当は中学生最後の3月31日まで支給されるため、早生まれよりも受給期間が長くなります。

また、遅生まれの場合は児童手当終了後、扶養控除の対象となる基準日(12月31日)に満16歳を迎えているので、扶養控除が適用されます。

遅生まれのデメリット1:できて当たり前と思われる

月齢が高いために集団内での発達面では優れていますが、その一方で、勉強もスポーツもある程度できて当たり前と周囲に思われがちです。

自分は努力して頑張っているのに、認められないと子どもは劣等感を抱いてしまうおそれがあるので、きちんと気持ちに寄り添ってあげましょう。

遅生まれのデメリット2:早生まれより先に誕生日を迎えてしまう

早生まれの子どもよりも誕生日を早く迎えてしまうので、1年先に歳をとったという感覚があるかもしれません。

また、大人になると気持ちの若々しさにおいて、早生まれをうらやましく思うこともあるでしょう。

早生まれ、遅生まれの育児のポイント

早生まれ、遅生まれに適した育児のポイントを掴むと、より子どもの成長に効果的です。

早生まれの子はおおらかな気持ちで見守って

早生まれの子どもはどうしても同学年の中で、周囲と比べられてしまいます。

もともと月齢が低いので、ほかの子に比べてできないことが多いのは当たり前だと思うようにしましょう。

ちょっとした成長にも喜んで、褒めてあげることが子どもの自信にもつながります。

もし失敗した時にきつく叱ってしまうと、子どもは萎縮してしまい、何ごとにも消極的になるかもしれません。

親が温かくサポートすることで、子どもはいろんなことに挑戦できるのです。

遅生まれの子はできることが当たり前と思わない

遅生まれの子どもは成長の速さから、周囲にできて当たり前と思われるプレッシャーを感じがちです。

先生や友達に常に頼られていると、よい子でいなきゃいけないのかなと、ストレスを溜めることになりかねません。

家庭ではたっぷりと甘えさせてあげましょう。

また、成長の速さに親の準備が間に合わないことも十分ありえます。その場合は学年にこだわらず、親は子どもにあったサポートをしてあげてくださいね。

早生まれ、遅生まれにはそれぞれメリット、デメリットがあります。

親がサポートすることでいくらでもフォローできるので、生まれ月をあまり気にすることなく、ひとつの個性として考えましょう。

そうすることで、子どもの成長を健やかに見守ることができますよ。

(文・スピカ)

いまトピママ
いまトピママ
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。