メディア個別 「仮面夫婦」になりやすい夫婦とは? | 愛情ゼロでも離婚しない「仮面夫婦」の実態 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

「仮面夫婦」になりやすい夫婦とは?
~愛情ゼロでも離婚しない「仮面夫婦」の実態~

愛情がないのに、仲のいい夫婦を装って生活をする夫婦を、一般的に“仮面夫婦”と言ったりします。このような状況に至るには夫婦によってさまざまな原因があり、仮面夫婦という選択をしたワケもそれぞれだと思いますが、結婚したときは、こんな自分たちを想像もしなかったハズです。つまり、“仮面夫婦なんて他人事”と思っている人も、もしかしたら予備軍かもしれません。

「仮面夫婦は、周りには円満夫婦を装っているケースが多いので一見ではわかりにくいのですが、意外と多く存在しているんです。私のところにも多くの相談者がいらっしゃいます。そして、“仮面夫婦”になりやすい夫婦には特徴があります。“私たち夫婦は大丈夫!”という方も、ぜひ今後のために参考にしていただけたらと思います」

そう話すのは、夫婦問題カウンセラーの高草木陽光さん。
では、“仮面夫婦になりやすい夫婦”とは?

●話し合うことをしない夫婦

「夫婦間で何か問題が起こったときに、お互いに納得がいくまで話し合うことをしない夫婦は要注意です。仮面夫婦になってしまう夫婦には、以前に必ず何らかの問題が発生しています。その問題に対して、面倒くさいといって逃げてしまいがちだったり、向き合おうとしない、向き合えないと夫婦関係はどんどん悪化してしまいます。問題に対して、どう向き合って、どのような改善策を打ち出し、どうやって解決していくかが非常に大事なのです」

●相手の話を聞かない、否定ばかりする

「普段から相手の話を聞かなかったり、否定ばかりする夫婦だと、どちらかが“どうせ話しても聞いてくれない、どうせ否定ばっかりされるから話してもしょうがない”と諦めの境地に至ってしまい、次第に互いの気持ちも離れていってしまいます」
仮面夫婦になりやすい夫婦とは?
 

●相手を責めてしまう

「いつも自分を正当化し、相手を責めてばかりいると、ケンカも絶えなくなり、やがてケンカするパワーすらなくなり冷めた関係のほうがラクとなってしまうのです。人間関係の基本は、互いを尊重することだということを忘れてはいけません」

●自分の考え、意見が言えず、自分さえ我慢すれば良いと考えてしまう

「自分を正当化しすぎるのもよくないのですが、何か問題が起こったときに、自分の考えや意見を言わないで、『もういいや…』と、いつもひっこめてしまうのも危険です。自分のなかにどんどんストレスをため込んでしまうので、いつか爆発してしまいます。夫婦で歩む時間は長いです。適度なガス抜きができる関係であることはとても大事です」

以上が“自分たちにも当てはまる”…という夫婦は、早いうちの改善が必要だと高草木さんは話します。

「起こった問題に対して、見て見ぬふりをしてきたり、問題を先送りにしてきたり、きちんと向き合ってこないうちに、夫婦の信頼関係も失われてしまう…。その結果が“仮面夫婦”なのです。一度失った信頼関係を取り戻すことは簡単なことではありません。どうか、そうなる前に夫婦で何度も話し合ってください。普段から会話が多く、コミュニケーションが取れている夫婦は、問題が起こった時でも互いを理解しやすくなります。つまり、相手の話をじっくり聴くことこそが、“仮面夫婦”を回避する方法なのです。まずは、互いを褒め、感謝するところから始めてみましょう。温かい言葉から、自然な会話が生まれますよ!」

夫婦の“信頼関係”は、日々の積み重ねによるものであり、何か問題が起ったときに、まさにその真価が問われるようです。
(構成・文/横田裕美子)

お話を伺った人

>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP