メディア個別 『ゲーム・オブ・スローンズ』のクリエイター、『ウエストワールド』にドラゴンとカメオ出演 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

『ゲーム・オブ・スローンズ』のクリエイター、『ウエストワールド』にドラゴンとカメオ出演

『ゲーム・オブ・スローンズ』のショーランナーとして知られるデイヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスが、『ウエストワールド』の新エピソードにドラゴンのドロゴンと共にカメオ出演した。2人が技術者として出演したシーンでは、施設内でジェフリー・ライト演じるバーナードとルーク・ヘムズワース演じるスタッブスが通り過ぎる中、修理が必要な『ゲーム・オブ・スローンズ』のザ・ハウンドのような容姿を含めた血まみれのホストたちと並んでドロゴンも眠っている姿が映し出されている。

これについて『ウエストワールド』の製作総指揮を務めるジョナサン・ノーランとリサ・ジョイは、『ゲーム・オブ・スローンズ』がテレビという媒体を改革したとして、オマージュしたかったのだと説明している。

そのオファーを受け、ベニオフとワイフも喜んで引き受けたそうだ。そしてメイヴ役のタンディ・ニュートンも、撮影時の様子を『エンターテイメント・トゥナイト』にこう話している。「私もセットにいたの。出番ではなかったんだけど」「2人ともすごく良い人だった。ファンみたいな反応をしてたわ。きっとお気に入りの番組の1つなんでしょうね。それでジョナサンとリサも彼らの番組を心から尊敬している。同じHBOだし。すごく可愛らしかったわ」

その一方で、テッサ・トンプソンは『ゲーム・オブ・スローンズ』を見たことがなかったそうで、少し恥ずかしい気分だったと明かしているほか、ルークは同じシーンをやっていても2人がいたことにも気づいていなかったようだ。