メディア個別 ジェレミー・レナー、パンデミック状況下の養育費減額を要求 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

ジェレミー・レナー、パンデミック状況下の養育費減額を要求

ジェレミー・レナーが新型コロナウイルスのパンデミックを受けて、養育費の減額を求めている。ジェレミーは23日(月)、新型ウイルスの拡大により今年予定されていた仕事がほぼなくなりそうだとして、6歳の娘エイヴァちゃんのために現在元妻ソニー・パチェコに支払っている月3万ドル(約330万円)の減額をロサンゼルスで申請した。

ジェレミーはその中で、「アベンジャーズ」シリーズも終了し、予定されていた仕事も保留状態となっていることから、今年は経済的にこれまでほど満たされていないとしている。

TMZによれば、その書類にはこう記述されていたという。「ほとんどの作品は年末までに再開する見込みがありません。そのため、今年に撮影が予定されていた出演映画も中止または延期が見込まれます」

その中で、減額について具体的な金額は求めていないものの、住まいや食糧、移動手段や衣類など、エイヴァちゃんに妥当な必要金額は月1万1000ドル(約120万円)ほどだとジェレミーは考えているようで、現在の金額はソニーのライフスタイルや自身に対する親権争いの賃金にも使用されていると指摘している。

そして、娘の口座に関して自身のビジネスマネージャーに管理を一任することも判事に求めているようだ。

一方で昨年10月、ソニーは酒や薬物でハイになったジェレミーが拳銃を口に突っ込み、自殺すると脅していたと発言していた。さらには娘が自室で眠る中、天井へ向けて銃を発砲し、ソニーがいなくなって欲しいとして殺害をほのめかすような発言もしていたと指摘していた。