メディア個別 育児日記代わりにも!保育園の「連絡ノート」を上手に活用しよう | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
育児日記代わりにも!保育園の「連絡ノート」を上手に活用しよう 

育児日記代わりにも!保育園の「連絡ノート」を上手に活用しよう
~ベビーカレンダー~

この春から保育園が始まって、「連絡帳」の存在を知ったという人は多いのではないでしょうか。毎日なにを書けばいいのか悩むこともあるかもしれません。今回は、保育園の連絡帳の書き方について紹介します。

 

この春から保育園が始まって、「連絡帳」の存在を知ったという人は多いのではないでしょうか。毎日なにを書けばいいのか悩むこともあるかもしれません。今回は、保育園の連絡帳の書き方について紹介します。

 

「連絡帳」の目的とは?

連絡帳は、子どものことに関してママと保育園の間でやりとりをする、いわば“交換日記”のようなもの。「体温」「睡眠時間」「朝食の内容」などとともにコメントを書き込み、毎朝登園のときに提出します。

 

連絡帳の目的のひとつは子どもの体調について把握すること。気がかりなことを保育園と共有しておけば、いざ子どもの体調に変化があったときに園側も対応しやすいのです。

 

体調の変化はできるだけくわしく書く

子どもの体調がいつもと違うと感じたら、できるだけ具体的に書くことをおすすめします。

 

<例>

* 昨夜から咳が出ているのが気になります。夜はあまりよく眠れなかったようです。

* テーブルに頭をぶつけました。こぶになりましたが、今朝は痛がっている様子はありません。

* いつもより朝食を食べませんでした。熱はありませんが、うんちが少しゆるいです。

* インフルエンザの予防接種を受けました。少し赤く腫れていますが体調には問題ありません。

 

こうした記述があれば、保育中にも気を付けて子どもを観察できますし、園での子どもの様子をお迎えのときに細かく伝えることもできます。もちろん体調に変わりがない場合には「いつも通り元気です」「とくになし」などのひとことでもかまいません。

 

 

保育士さんへの質問でもOK

体調のこと以外に、先輩ママたちがよく書くというのが家庭でのこと。「初めて○○という言葉をしゃべりました」「苦手なピーマンを完食できました」「週末は家族で動物園に行ってきました」などです。

 

保育士さんがそれを読んだら「動物園に行ったのね。ゾウさんは見た?」など、子どもとの会話も弾むはず。また、「この時期は何枚くらい洋服を着せたらいいですか」「お友だちとは仲よく遊んでいますか」など、園に対しての質問でもOK。

 

なにも話題がないときは無理に書く必要はありません。毎日必ず書かなければと思うとしんどくなるので、あまり気負わずに思ったままを書くのがいいと思います。

 

先生からの返事が楽しみに

連絡帳の楽しみのひとつは、保育士さんからのコメント。質問への答えはもちろん、「お友だちと上手におもちゃの貸し借りをして遊んでいましたよ」「今日は苦手なピーマンをがんばって食べました」など、その日にあったことを教えてくれるので、子どもが保育園でどんなふうに過ごしているか知ることができます。「保育士さんのコメントから子どもの成長が感じられて毎日読むのが楽しみ」というママも多いのです。

 

 

連絡帳は、子どもの家庭での様子を知ってもらい、保育園での様子を知るための大事なツール。子どもが大きくなってから見返したときに「この時期にこんなことがあったのね」と思い出すことができて、育児日記代わりにもなるので、ぜひ楽しく活用してくださいね。 (TEXT:妹尾香雪)

 

配信元

PAGETOP