メディア個別 大規模起工式が開始 東京ディズニーランドはどう変わる? | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

大規模起工式が開始 東京ディズニーランドはどう変わる?
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

先日4月5日、東京ディズニーランドで新エリア開発予定地の起工式が実施。式には同社代表取締役会長兼CEOの加賀見俊夫氏と代表取締役社長兼COOの上西京一郎氏らが出席。ミッキーマウスとミニーマウスも駆けつけ、新たなるエリアの着工スタートに華を添えました。

大規模起工式が開始 東京ディズニーランドはどう変わる?
 

ところで新しくできるエリアってどんなエリア?

今回の投資額は750億円と開園以来の最大規模レベル。オープンは2020年を予定しているとのことですが、新しくできるのはどんなエリア?

調べてみると、今回はピーターパン空の旅やシンデレラのフェアリーテイル・ホール
などを有する「ファンタジーランド」の拡張とのこと。「美女と野獣」の野獣が住む城や「ベイマックス」をテーマとする大型アトラクションやレストランが整備されるとのこと。その他、「ミニーマウスの新キャラクターグリーティング施設」も導入予定されるというから、なんだか賑やかになりそう!

ちなみに東京ディズニーシーも建設が…

一方東京ディズニーシーでも180億円規模の資金が投資され、新アトラクションが建設予定。こちらは、メディテレーニアンハーバーにシミュレーションタイプの大型アトラクション「ソアリン(仮称)」が導入される予定。同アトラクションは、海外のディズニー・テーマパークでは人気が高いとのことで、2019年に建設予定。

ますますアトラクションが増える東京ディズニー・リゾート。今後とも、注目です!
(文・東京坂ゆみ/考務店)
この記事へのご意見はこちら
PAGETOP