メディア個別 ファミマ新商品「ガトーバスク風」とはいったい…? | ファミマのこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ファミマ新商品「ガトーバスク風」とはいったい…?

昨年あたりから、ローソンの「バスチー」を中心に「バスク風チーズケーキ」が流行っているけれど、ファミリーマートにはもうひとつ「バスク風」があることを知っていますか?

「ガトーバスク風(カスタード)」

2020年3月31日(火)、ファミリーマートが発売した「ガトーバスク風(カスタード)」(税込149円)は、カスタード入りのパンにガレット風の生地をのせたもの。「ガトーバスク」とはあまり聞き慣れない言葉ですが、「バスク風チーズケーキ」と同じように、スペインとフランスにまたがるバスク地方に古くから伝わるお菓子なのだとか。

実際に食べた人の感想を見ると、「めっちゃおいしい」とのコメントが散見されますが、はたして……?

メロンパンに近いかも!

ファミマ新商品「ガトーバスク風」とはいったい…?

ファミマ新商品「ガトーバスク風」とはいったい…?

かなりシンプルなパンのようですが、香ばしい生地とやさしい甘さのカスタードクリームが◎。ゴツゴツしているようにも見えますが、中はふわっとしています。外側にあるがレット風の生地は、クッキー生地のようなサクサク感はなく、しっとりしていてちょっと食感があるかな、というくらいで、しっとり系のメロンパンに近いかもしれません。

断面の写真を見るとカスタードクリームの量はあまり多くなく、「ちょっと物足りない」というのがホンネではありますが、この量でも香りはいいし、まろやかで素朴な甘さは十分に感じられますよ。まぁ、だからこそもっと入っていれば……と思ってしまうのですが。

ファミリーマートでは同日、「なめらかバスクチーズケーキ」(税込248円)というスイーツも発売されました。これも食べたのですが、ほとんど噛まずに飲み込めるほどのやわらかさと濃厚なチーズの味わいが絶品でしたよ。まだまだ終わりそうにない“バスクブーム”。今ならファミリーマートでそのブームに乗れます!
(文・明日陽樹/TOMOLO)