メディア個別 昨年の流行がおさまらぬまま「おたふく風邪」が流行の兆し! | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

昨年の流行がおさまらぬまま「おたふく風邪」が流行の兆し!
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

昨年流行してことから注意喚起がなされたおたふく風邪ですが、その流行がおさまらないまま、今年も流行シーズンに突入してしまったようです。いったいどの地域で流行っているのか? 注意すべき合併症、おたふく風邪についての知識などについて、国立感染症研究所の情報をもとにまとめました。

昨年の流行がおさまらぬまま「おたふく風邪」が流行の兆し!
 

おたふく風邪の知識を深めよう

おたふく風邪とは、正式には「流行性耳下腺炎(りゅうこうせいじかせんえん)」というウイルス性の病気。耳の下あたりにある「耳下腺」の炎症により、耳の付け根やほほ、あごが腫れる症状が現れ、発熱や嚥下(えんげ)痛が起こります。原因は「ムンプスウイルス」。飛沫感染や接触感染により感染してしまいます。おたふく風邪には特効薬が存在せず、対症療法をするのが一般的。発熱や頭痛には鎮痛解熱剤を服薬し、自然に軽快するのを待つことが多いようです。

「おたふく風邪にかかるのは子ども」という印象がありますが、実は大人でも感染する可能性があり、感染した場合は、耳下腺以外の器官にも影響を受けることがあり、なかでも精巣炎や卵巣炎などを併発すると、生殖機能にダメージを受けて不妊の原因になってしまうことも…。

おたふく風邪に対しての予防接種は欠かせないとし、全世界105カ国で定期接種が行われている一方、日本ではおたふく風邪のワクチン接種は「任意」。なので、子どもにはワクチンを接種させたものの、実は親が接種しておらず、おたふく風邪にかかってしまうということも少なくないのだとか。

おたふく風邪が流行っている地域

ウェブサイト「感染症予防ナビ」によると、2017年4月3日から同月9日までの期間で、おたふく風邪が流行しているのは、以下の全国10県。

【流行注意】
富山県、香川県

【本格的な流行】
長野県、和歌山県、鳥取県、島根県

【流行継続中】
新潟県、山口県、愛媛県、鹿児島県

全国的におたふく風邪が流行り始めているので、上述の10県に住んでいる人はもちろん、それ以外の地域に住んでいる人も、気をつけるべきでしょう。

気をつけるべき「合併症」とは

おたふく風邪は「合併症」が併発することのある厄介な病気。特に注意したい合併症は、比較的起こりやすい「無菌性髄膜炎」。おたふく風邪にかかると約10%の人が発症するとされ、おたふく風邪の症状が4〜5日たっても改善せず、頭痛や嘔吐、けいれんなどの症状が現れます。可能性は少ないものの、膵炎や脳炎、脊髄炎も引き起こす場合もあるようなので、おたふく風邪が数日たっても改善されず、症状が悪化してきた際はすぐに病院にかかることが必要。

また、上述でも述べた精巣炎・卵巣炎などの生殖器の異常や難聴、心筋炎も合併症として現れることもあるそうです。

おたふく風邪を予防するためには、やはり予防接種が効果的。生後1歳から接種でき、1回目の予防接種を行ってから、2~6年後に2回目の接種をすることで、おたふく風邪の免疫がしっかりつくのだとか。予防接種をしてから約2週間かけて、体に抗体ができるので、なるべくなら早めに予防接種をしておくとよさそう。しかし、ワクチンを接種することでの副作用が起こる可能性もあるので、わからないことや不安なことがあれば、医師に相談しましょう。
(文・山本健太郎/考務店)

参考 
国立感染症研究所 流行性耳下腺炎(ムンプス、おたふくかぜ)
http://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/529-mumps.html

感染症予防接種ナビ 感染症アラート(全国)
http://kansensho.jp/pc/if_alert.html
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP