メディア個別 マスクの内側も息さわやか! “自然の歯ブラシ”リンゴで口臭予防レシピ | 注目のオーラルケア情報をまとめてチェック! | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

マスクの内側も息さわやか! “自然の歯ブラシ”リンゴで口臭予防レシピ

第5回 注目のオーラルケア情報をまとめてチェック!
しっかりマスクをつけているけれど、ふと気づいてしまったことが…。「私ってこんなに口臭がきつかったの?」と、ショックを受けている方も多いのでは? 毎日の歯みがきはもちろんですが、リンゴを使ったレシピで口臭対策を試してみましょう!

リンゴで口臭予防!? その秘密はリンゴポリフェノール

口臭の主な原因とされているガスといえばメチルメルカプタン。リンゴに含まれるリンゴポリフェノールには、このガスの発生を抑える効果が期待できるそうです。リンゴポリフェノールは皮に多く含まれているため、できるだけ皮ごとかじるか、皮も一緒にすりおろして食べるようにしましょう。

また、リンゴはよく噛んで食べることで歯の隙間に詰まった歯石を取り除き、歯や歯茎を丈夫にする効果があるといわれています。欧米では別名「自然の歯ブラシ」と呼ばれているそうです。

マスクの内側も息さわやか! “自然の歯ブラシ”リンゴで口臭予防レシピ

すりおろしリンゴで「チーズ紙カツの特製おろしリンゴソースがけ」

今回ご紹介するレシピは、すりおろしリンゴをたっぷり使った「チーズ紙カツの特製おろしリンゴソースがけ」。昔懐かしい紙カツのアレンジレシピです。

<材料>
・豚肉(生姜焼き用) 8枚
・スライスチーズ 1枚
・大葉 2枚
・塩コショウ 少々
・卵 1個
・小麦粉、パン粉 各適量
・サラダ油 適量

<特製おろしリンゴソースの材料>
・リンゴ(皮付き) 1/2個
・サラダ玉ねぎ 1/4個
・生姜 1片
・醤油 大さじ1杯半
・粒マスタード、はちみつ 各少々

<作り方>
1. 特製おろしリンゴソースの材料をすべてミキサーで混ぜます
2. 豚肉を2枚広げます。上から大葉(1枚)とスライスチーズ(1/2枚)を順にのせ、更に豚肉を2枚重ねます。
3. 2の豚肉の表面に塩コショウを振りかけます
4. 2〜3の手順でもう1枚作ります
5. 3に卵、小麦粉、パン粉の順でまぶします。
6. フライパンにサラダ油を1センチほど注ぎ、160度に熱します。5を両面きつね色になるまでこんがりと揚げます。
7. 揚がったカツをお皿に盛り付け、1のおろしリンゴソースをかけて完成です。

マスクのおかげで周囲に気づかれないとしても、不快な口臭はできるだけ防ぎたいものですよね。皮ごとかじることはもちろん、ソースやスムージーなど食べやすい方法でリンゴを摂取して、さわやかな息を手に入れましょう!

マスクの内側も息さわやか! “自然の歯ブラシ”リンゴで口臭予防レシピ

■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
文・kurumi
文・kurumi
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
栄養士。原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。