メディア個別 ユニバーサル、『狩人の夜』をリメイク? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ユニバーサル、『狩人の夜』をリメイク?

第1250回 海外スターの最新ニュース

ユニバーサル・ピクチャーズがリメイク版『狩人の夜』を製作するようだ。ヴァラエティ誌によれば、デイヴィス・グラッブによる同名小説を原作に1955年に映画化された同作を、現代風にアレンジしてリメイク化が進められているという。

前作では、信仰心が強い殺人鬼が、銀行強盗で奪った1万ドル(約110万円)の在りかを隠したまま死亡した男の妻に素性を偽って近寄り、その隠し場所を知っている子供たちからなんとか聞き出そうとする姿が描かれた。

ロバート・ミッチャムが主役の殺人犯ハリー・パウエル牧師を演じたが、牧師が幼い子供を襲おうとするという恐るべきテーマは当時物議を醸していた。

リメイク版に向けては、オスカー・アイザックとベン・キングズレー主役の2018年作『オペレーション・フィナーレ』を執筆したマシュー・オートンが脚本を執筆中だ。

新型コロナウイルス感染拡大により、ハリウッドの映画界は現在新作に向けた作業のほとんどが無期限保留状態となっているものの、スタジオ側は脚本家や監督による製作過程を進めて行こうとしているようだ。