メディア個別 電気の次はガスの自由化!お得になる?メリットと注意点まとめ | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
電気の次はガスの自由化!お得になる?メリットと注意点まとめ 

電気の次はガスの自由化!お得になる?メリットと注意点まとめ
~ベビーカレンダー~

2017年4月からガスの小売り自由化がスタートしました。昨年の電力自由化に引き続き、上手く利用することによって家計のプラスになりますが、ガス会社の変更による注意点も合わせて確認する必要があります。

 

2017年4月からガスの小売り自由化がスタートしました。昨年の電力自由化に引き続き、上手く利用することによって家計のプラスになりますが、ガス会社の変更による注意点も合わせて確認する必要があります。

 

今までのガス会社を継続する人も、これから変更を検討する人もいると思いますが、おもなメリットと注意点についてご説明していきます。

 

ガスの自由化とは?

自由化になるまで、家庭用の“都市ガス”は地域ごとに担当するガス会社が決まっているため、ガス会社を選択することができませんでしたが、今回の自由化により新たなガス会社からガスを購入することができるようになりました。

 

これをガスの自由化と呼びます。なお、それぞれのご家庭にボンベを設置する“プロパンガス”は今回のガスの自由化と直接の関係はなく、すでに自由な料金設定となっています。

 

メリット:今までよりガス料金が下がる可能性も

ガスの自由化によって、ガスを供給する会社等を自由に選べるため、料金やサービスなどの競争が始まりガス料金が下がる可能性が出てきました。従来のガス会社も新たな料金プランを設定したり、電力や通信等と組み合わせたプランを出したりと、サービスを向上させています。ガス会社やプランによっては、従来のガス料金代より10%以上安くなるところもあるようです。

 

しかし、電力の自由化と同様に変更すれば必ずガス料金が下がるわけではありませんので、料金体系やシミュレーションなどを確認し、ご家庭の状況にあった内容のものを選ぶことが大切です。

 

 

注意点1:初期費用や契約中、契約後の取扱いを確認

手続きはインターネットや電話などでかんたんにできるところがほとんどですが、マンションやアパートなどの集合住宅で一括契約している場合には手続きできないケースもありますので、確認が必要です。

 

また、初期費用がかかったり、一定期間の利用継続が前提であったりするケースもありますので、毎月のガス料金だけでなく、トータルでの費用や使い勝手を考えたうえで、ガス会社を変更するようにしましょう。

 

また、故障やトラブルの際の連絡先や対応できる内容を事前に把握することも大切です。気になることがある場合には、詳細な内容の確認や問い合わせをするなどして、疑問を解消したうえでお手続きをしてください。

 

注意点2:分かりにくい説明や詐欺まがいの案内に注意

引越しや設備の変更を伴わない場合は、原則ガス器具はそのまま使えます。また、プロパンガスをご利用しているご家庭は、今回の自由化とは無関係です。結果として、今回の自由化がガス料金やサービスの向上につながることはありますが、プロパンガスそのものの料金は以前から自由に設定できましたので、「ガスの自由化に伴い器具の入れ替えが必要です」「プロパンガスも4月から自由化になりました」という案内は事実と異なります。

 

法外な工事費用を請求される詐欺まがいな話やガスに関係ない設備の勧誘がないとも限りませんので、慎重な対応も必要です。新たにガスを供給する会社などは下記のリンクを参考にして、間違った選択をしないようにしましょう。 ガス会社の変更はご自身やご家庭の利用環境に合っているかを第一に検討しましょう。

 

変更する場合には、あわてずにしっかり内容を理解してから行うようにしてください。2017年4月以降、新たに電力を供給する登録ガス小売事業者については経済産業省HPをご確認ください。

 

経済産業省HP:http://www.enecho.meti.go.jp/category/electricity_and_gas/gas/liberalization/retailers_list/

 

著者:ファイナンシャルプランナー 大野 高志

1級ファイナンシャルプランニング技能士、CFP。独立系FP事務所・株式会社とし生活設計取締役。教育費・老後資金準備、税や社会保障、住宅ローンや保険の見直し、貯蓄・資産運用等、多角的にライフプランの個別相談を行うとともにセミナー講師として活動しています。

 

配信元

PAGETOP