メディア個別 リース・ウィザースプーン、学校支援団体に寄付 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

リース・ウィザースプーン、学校支援団体に寄付

第1275回 海外スターの最新ニュース

リース・ウィザースプーンは、新型コロナウイルス感染拡大の影響で学校閉鎖が続く中、子供達の教育を続ける教師達を支援する団体に協力した。 リースは自身が手掛けるブランド「ドレーパー・ジェームズ」と共同で、公立学校の授業で行われるアクティビティへの直接の寄付を可能にする慈善団体ドナーズチューズに寄付したそうだ。

同団体のスポークスパーソンは、「リースと『ドレーパー・ジェームズ』から、学校閉鎖の中、生徒達への教育を続けるニューオーリンズ、アトランタ、ナッシュビルほか、全国で最も助けを必要としている教師達を支援するドナーズチューズに寄付をいただきました」とE!ニュースに話し、教師を対象とした調査では、68%の学生達が学習を続けるのに必要な教材や文具を自宅に持ち合わせていないことが分かったため、寄付はそれらの教材を直接子供達の家に送るのに役立てられると説明した。

そんなリースは、先日には同ブランドのワンピース250着をアメリカ国内の教師達にプレゼントすると発表していた。100万人余りの教師から応募があったそうで、その抽選に外れた教師達を今回別のかたちで応援したいという。

自身も3児の母であるリースは「隔離生活中、教師達は、子供達の教育を続け、繋がりを保つためにリモート学習のテクノロジーをその場で習得しながら自宅から授業を配信している」「子供達を守ろうとする活動は簡単ではないから、この現状の中、教師達に少しでも愛を示したかった」とコメントしている。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ