メディア個別 もしかして私、育児ノイローゼ?! | イヤイヤモンスターとの付き合い方 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

もしかして私、育児ノイローゼ?!

第4回 イヤイヤモンスターとの付き合い方
毎日イヤイヤモンスターと戦うママ。イヤイヤ期で育児ノイローゼやウツになるママも増えているようです。イヤイヤ期を乗り越えるにはどうしたらいいのでしょうか。

●ほかの親子の子育ての様子をキャッチ

最近の傾向は、乳児期からイヤイヤ期を心配しすぎるママが少なくないこと。外出先などでイヤイヤモンスターの光景を見ると、「わ~、私、やっていかれるのかな?」と思ってしまうかもしれませんね。少子化や核家族化もあって、いろいろな年齢の子どもの様子や、親が対応している様子を見る機会が減っています。イヤイヤ期と言っても、1日中言っているわけではありませんし、ママの言葉かけで収まることもあります。
できるだけ家にこもらずに、子育てひろばや公園に出かけて、親子の様子をキャッチしてみましょう。また、ママ友に「歯みがき嫌がるんだけど、お宅はどう?」など、聞いてみるといいですね。ほかの家の子育てを聞くことで、わが家と同じように悩んでいるということがわかったり、「その方法、今度やってみよう」と別なアイディアを聞けるかも知れません。
あまりにも対応に困ったら、子育てひろばのスタッフや地域の保健センターに相談してみるのもおすすめです。

食事を嫌がる子ども

●ママの心の疲れを取って、リフレッシュ

疲れがたまるとイライラしやすくなります。心に余裕がある時には「また、イヤが始まった~」なんて受け流せるのに、余裕がなくなるとイライラして、子どもがぐずり……という悪循環に陥ってしまうこともあります。「私、疲れてるな」「イライラすることが多いな」と思ったら、一時預かりやファミリーサポートに子どもを預け、心と体を休めたり、リフレッシュする時間を持ちましょう。育児ノイローゼやウツに陥る前に、早めに心と体を休めることが大切です。
イライラの解消方法は、人それぞれ。ハーブティーをゆっくり飲む、友だちとしゃべる、美味しいものを食べるなど、自分に合ったリフレッシュ法を見つけておきましょう。子どもの心に触れる絵本を読んでみるのも、おすすめです。

文/高祖常子
文/高祖常子
育児情報誌「miku」編集長。
NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事、認定子育てアドバイザーほか。叩かない子育て講座、子ども虐待防止や、家族の笑顔を増やすための講演活動も行う。3児の母。
NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク理事、認定子育てアドバイザーほか。叩かない子育て講座、子ども虐待防止や、家族の笑顔を増やすための講演活動も行う。3児の母。

セレクトアイテム

『おこりんぼママ』(小学館)
『おこりんぼママ』(小学館)
訳/橋本香折 作/ユッタ・バウアー
ペンギンのぼくは、ママにものすごくどなられたショックで、からだがバラバラになってしまいます。足だけになったぼくを助けてくれたのは……。ドイツの人気絵本作家の大胆なストーリーとほのぼのとした絵が魅力の絵本。
ペンギンのぼくは、ママにものすごくどなられたショックで、からだがバラバラになってしまいます。足だけになったぼくを助けてくれたのは……。ドイツの人気絵本作家の大胆なストーリーとほのぼのとした絵が魅力の絵本。
『いいこってどんなこ?』(冨山房)
『いいこってどんなこ?』(冨山房)
文/ジーン・モデシット 絵/ ロビン・スポワート 訳/ もきかずこ
子ウサギのバニーは、いろいろなことが心配になって、次々にお母さんに質問します。でも、お母さんはいつも子どもをまるごと受け入れて、「いまのまんまのバニーが大好き」といってくれます。お母さんたちに大人気の絵本。
子ウサギのバニーは、いろいろなことが心配になって、次々にお母さんに質問します。でも、お母さんはいつも子どもをまるごと受け入れて、「いまのまんまのバニーが大好き」といってくれます。お母さんたちに大人気の絵本。

あなたにおすすめ

ピックアップ