メディア個別 タイカ・ワイティティ、「スター・ウォーズ」新作映画を監督へ | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

タイカ・ワイティティ、「スター・ウォーズ」新作映画を監督へ

第1333回 海外スターの最新ニュース

タイカ・ワイティティが、「スター・ウォーズ」新作映画のメガホンをとる。プレスリリースによると、『ジョジョ・ラビット』でアカデミー賞受賞歴のあるワイティティは、劇場公開が予定されている同人気SFシリーズ新作の監督のみならず、『1917 命をかけた伝令』のクリスティ・ウィルソン=ケアンズと共に脚本も執筆するという。

一方で、、「スター・ウォーズ」シリーズの配信作品としては、レスリー・ヘッドランドがDisney+へ向けてタイトル未定の新作に着手しており、脚本、製作総指揮を担うという。

Disney+に向けては、現在『マンダロリアン』シーズン2が製作最終段階に入っているほか、映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の前日譚となるキャシアン・アンドーを中心に描いた作品や、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』と『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』との間に起こるオビ=ワン・ケノービの冒険を描いた作品も予定されているなど、次々にシリーズのスピンオフ作が制作されている。

一方でワイティティは、ドロイドのIG-11の声でも出演した『マンダロリアン』のシーズン1最終回で監督を務めており、高評価を得ていた。

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ