メディア個別 帝王切開は楽だと思われがち?疑問の声多数 | 今日のこれ注目!ママテナピックアップ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

帝王切開は楽だと思われがち?疑問の声多数
~今日のこれ注目!ママテナピックアップ~

陣痛や出産は、ママの人生のなかでもつらい(痛い)経験のひとつかもしれません。それは、どんな出産でも同じことで“楽”な出産はなさそう。しかし、「帝王切開なら楽だったでしょ」と言われてしまうこともあるようです。

帝王切開をして、夫や他のママから“楽”だと言われる

「帝王切開だと楽だったでしょ」と周りから言われることに対して、納得いかないママが、ネット掲示板に悩みを投稿しています。

投稿主は長男を出産する際に、“子宮があまり開いていない”、“赤ちゃんの頭が大きい”という理由から、自然分娩ができなかったそう。帝王切開をするために、激痛が走る背骨への麻酔注射に耐え、出産後は3日間寝たきりになり、まったく楽ではなかったといいます。しかし、夫からは「陣痛の痛みに比べれば楽だったんじゃないの?」と言われ、同じ病院で自然分娩したママからも同じようなことを言われてしまい…。投稿主は、帝王切開が“楽”なのかどうか問いかけています。
帝王切開は楽だと思われがち?疑問の声多数
 

帝王切開だから“楽”なんてことはない

そんな投稿主の質問に対して、いろんな回答が寄せられていますが、そのほとんどは「帝王切開だから“楽”なんてことはない」という意見。帝王切開の場合、陣痛を経験せずに出産に至ることもありますが、回答者のなかには、20時間以上の陣痛後に帝王切開をした人も見受けられました。

他にも、妊娠中に病気にかかってしまったため、全身麻酔をして帝王切開した人もいます。赤ちゃんの産声も聞けず、「産んだ!」という実感もないままの出産。初めてわが子と対面したときに「本当に私の子?」と感じてしまったそう。こういったように、帝王切開をすれば、出産時間の短縮にはなるかもしれないけれど、メンタル面では想像以上に大変なケースもあるようです。

出産時間の長さや陣痛の有無などによって、「帝王切開は“楽”だ」と、思ってしまう人もいるかもしれませんが、実際に出産をするママからすると、“楽”なことは一切ないということを覚えておきたいですね。
(文・山手チカコ/考務店)
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP