メディア個別 着てみたら全然違う!GU「高見えオールインワン」のサイズ比較してみました! | michill (ミチル) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

着てみたら全然違う!GU「高見えオールインワン」のサイズ比較してみました!

第2007回 michill (ミチル)
発売前から目をつけていたGUの「ダブルボタンジャンプスーツ(半袖)」。購入して着てみると、想像通りかわいくて今季一番のヒットでした。今回はジャンプスーツを選ぶときに注意したいポイントをサイズ別に比較しながらご紹介します。

アイテム紹介

出典:GU(ジーユー)オンラインストア

GU ダブルボタンジャンプスーツ(半袖)
価格:¥2,990(税抜)
カラー:34 BROWN(写真)/69 NAVY

背面ファスナー開き、ウエストはゴム入りで楽ちんです◎背が低い方でもウエストでしっかりとまってくれます。

両サイドにポケット付きなのも嬉しいポイント!

ポリエステル100%の涼しい素材。リネンっぽく見えて夏にぴったりなアイテムです。

ジャンプスーツって自分に合うサイズじゃないと野暮ったく見えてしまうアイテムですよね…。

プチプラ服で高見えを狙うコツは「徹底的にサイズにこだわること!」とおしゃれな方々がこぞって言っているので、私も実践しています。

周りの店舗が休業中で最近のGUでのお買い物はもっぱらオンラインになっているので、オンライン限定サイズのXSと普段ボトムで着用することが多いSを注文してしっくりきたサイズを手元に残しました。

さっそくXSとSの着用感の違いとスタイル例をお見せしたいと思います!

XSとSサイズの着用感を比較!

出典:GU(ジーユー)オンラインストア

このアイテムのサイズ表がこちら。

サイズ表でみるとXSとSでボトムスにあたる部分にはそこまで差はありません。

大きく差がでるのがウエストとヒップ。実際に着てみるとこんな感じ。

横から見ると…


写真左:XSサイズ 写真右:Sサイズ

XSはウエストとヒップの部分とのメリハリがしっかりとあるシルエット。Sは全体的にゆるっとしたシルエット。

こうやって見るとヒップとウエスト部分に4cmの差があるのがよくわかります!

前から見ると…


写真左:XSサイズ 写真右:Sサイズ

前から見てもXSの方はウエスト部分がきゅっとなっているのがわかります。

ボトム丈に違いはないのですっきりと着たいのか、ゆるっと着たいのかで選ぶのが◎


写真左:XSサイズ 写真右:Sサイズ

サイズ表ではわからないですがSとXSで差が出るな!と個人的に思ったのがネックライン。

XSは全体的に細身で体に沿う分、首元もぱかぱかなることはありません。

Sは着るインナーによっては見える感じでした。見える肌が多い分すっきりとした印象になります◎

上半身にボリュームがなくてVネックが苦手…という方は、いつもよりワンサイズ下げるのをおすすめします!

私は結果XSを残したのですが、その決め手はネックラインがタイトなところでした。

ワンサイズ差じゃそこまで違わないだろうと試着せずいつものサイズを選んでしまいがちですが、たったワンサイズでも結構印象が違ってくるので、特にサイズにこだわりたいアイテムは、オンライン限定サイズを試着してみるのがおすすめです。

コーデ1.カジュアルスタイル

※モデル身長:167cm

足首がでる丈感なのでスニーカーでもすっきり着ることができます。

小物もナチュラルな雰囲気のアイテムをあわせてリラックススタイルに。

コーデ2.キレイめスタイル

小物を黒で統一して全体を引き締めてキレイめスタイルに。

ブラウンと黒だけじゃ少し地味なのでヘッドアクセサリーで色味をプラス&目線を上にしてスタイルアップを狙います。

このかわいさで2,990円は絶対に買いです♡

同じ服を着るにしてもサイズで印象がかなり変わるので、試着がめんどくさいという気持ちをぐっと抑えて自分にぴったりのサイズを探してみてください!

※記事内の商品価格は筆者購入時の価格です。

記事協力:GU

michill
michill
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。