メディア個別 巣ごもり出費でお財布ピンチ!を乗り切る!超コスパ食材「卵」の手抜きに見えない絶品レシピ8選 | michill (ミチル) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

巣ごもり出費でお財布ピンチ!を乗り切る!超コスパ食材「卵」の手抜きに見えない絶品レシピ8選

第2008回 michill (ミチル)
巣ごもり消費でお財布がピンチな時に助かる食材「たまご」。手ごろな価格で手に入るのに栄養満点でアレンジも無限、節約にもなります。そこで今回は、そんなたまごを使った、日々のご飯作りに役立つ節約レシピをご紹介!手抜きに見えないのに簡単に作れて、しかも絶品♪ぜひ、試してみてくださいね!

フライパンで作る卵とハムとチーズのガレット

そば粉のガレッと組み合わせる食材で一番オーソドックスなものは、卵とハムとチーズのもの。

本場の生地は、そば粉と水と塩だけで作るそうです。卵を入れると焼きやすくなりますが、今回はシンプルにそば粉と水で生地を作りました。香ばしい焼き色を付けたかったので、ちょっぴりお砂糖も入れています。

材料(ガレット2枚分)

〇生地(21cmのフライパン2枚分)
・そば粉 35g
・水 100cc
・砂糖 小さじ1/2
・塩 ひとつまみ
・バター(サラダ油) 適量

〇乗せる具材
・卵 2個
・生ハム 4枚
・シュレッドチーズ 30g
・塩 適量
・ベビーリーフなど お好みで

作り方

① そば粉、塩、砂糖を合わせ、水を半分位いれてよく混ぜ、残りの水を入れてよく混ぜたら、冷蔵庫で1時間以上寝かせる。

② フライパンを熱し、バター(またはサラダ油)を入れたら薄く全体になじませる。生地の半量を流し入れたら、フライパンを大きくまわして、生地をフライパン全体に回し広げる。

③ シュレッドチーズをのせ、卵を割りいれて軽く塩を振り、生ハムをのせる。

④ 生地に焼き色がついてきたら、生地の端を折り、四角にたたむ。

⑤ 盛り付けて、お好みでパセリやベビーリーフなどを彩りにのせる。

21cmのフライパンを使って、小さめサイズのガレットです。テフロン加工のフライパンの場合は、バターが多いと生地がうまく広がらないので薄くなじませる程度にし、生地を流し入れたらフライパンを傾けてまわすようにして生地を薄く広げます。

おうちでもまるでプロの味!プレーンオムレツ

材料(1人前)

・卵 2個
・マヨネーズ 10g
・牛乳 小さじ2
・バター 小さじ2
・塩 適量
・ケチャップ 適量

作り方

① 卵をボウルに割り入れ、マヨネーズを加えてよく混ぜます。白身のかたまりがなくなり、よく混ざったら牛乳を入れて混ぜます。

② フライパンを中火にかけて温め、しっかり温めたらバターを入れます。

③ バターが溶けたら卵液を流し入れ、やや弱火にします。弱火にしても余熱でどんどん火が入るので、左手でフライパンをゆすりながら、右手で卵をスピーディーにかき混ぜ、とろりとしたスクランブル状にします。

※菜箸がやりやすいと思いますが、ゴムベラでも。ここで加熱しすぎると全体が固くなってしまうので、手早くかき混ぜること、長く加熱しすぎないことがポイントです。

④ とろりとしてきたら混ぜる手をとめてごく弱火にし、表面だけに火が通るように加熱します。表面がつるりと黄金色で中が柔らかい半熟にするためには、この一呼吸が大事、と思います。

⑤ ゴムベラに持ちかえ、手前から奥に向かって折りたたむように寄せます。奥の鍋肌の卵も少し手前に折り込みます。

⑥ ここからが最大の難所!表面全体を固めるために卵を返します。柔らかく形が崩れやすいので、フライパンを持つ手を傾けて、ゴムベラで卵を持ち上げながら返します。

⑦ 出来上がったら、皿にすべらせるようにのせて出来上がりです。

表面は固まっているけれど中は半熟というのが理想ですが、柔らかいほど崩れやすいのが泣きどころ。きれいに形作るのは難しいですが、多少形は崩れても加熱しすぎなければ、とろり半熟の口当たりです。

豚肉なしでもさみしくない!?イカフライで作るとん平焼き風

イカの形をしたイカフライ。卵とキャベツと組み合わせて、とん平焼き風にアレンンジしました。豚肉を使わなくても、イカフライがカバーしてくれます。

キャベツやネギは、カット野菜を使えば手間もなく、ささっとおつまみ完成です。

材料

・イカフライ 2~3枚
・卵 2個
・千切りキャベツ 120~130g
・青ねぎ 適量
・ソース 適量
・マヨネーズ 適量
・青のり 適量
・サラダ油 適量

作り方

① フライパンを火にかけ、サラダ油を少し加える。

② 溶いた卵を流したら、砕いたイカフライをちらし、キャベツをのせて半分にたたむ。

③ 蓋をして火加減を弱め、キャベツがしんなりするまで火にかける。

④ 皿に盛りつけ、ソース、マヨネーズをかけて青のりを振り、青ねぎをのせる。

イカフライは砕いて焼きそばに加えたり、お好み焼きに入れてもおいしいですよ。

失敗知らずのとろふわかに玉丼

材料(2人前)

・ご飯 多めに2膳分
・卵 3個
・かにかま 8本
・しいたけ 3~4枚
・長ねぎ 1/2本
・ごま油 小さじ2
・水 200cc
A)鶏ガラスープの素 大さじ1/2
A)日本酒 大さじ1
A)醤油(あれば薄口) 小さじ1
A)塩 少々
・片栗粉 小さじ2

作り方

➀ 長ねぎとしいたけは、それぞれ薄切りにする。

② フライパンにごま油を熱し、長ねぎとしいたけを炒める。しんなりしたら、水とAの調味料を入れる。沸騰したら、かにかまをざっくりほぐして加える。

③ 片栗粉を倍量の水(分量外)で溶き、混ぜながら加えてとろみをつける。

④ しっかりとろみがついたら、溶いた卵を回し入れて、大きくかき混ぜる。

⑤ 卵がふんわり固まったら火を止め、温かいご飯の上にのせ、お好みで青ねぎ(分量外)などを散らす。

片栗粉でとろみをつけたあんの中に卵を入れると固くなりすぎず、ふんわり仕上がります。ひと手間省けるのもうれしいポイント。お米に卵がとあんがとろりと絡んで食べやすく、食が進みます。

また、ご飯でなくラーメンにのせたりしても楽しめます。

変化球!とろとろ親子丼

材料(2人前)

・鶏もも肉 150g
・全卵 3個
・卵黄 2個分
・長ねぎ 1/2本
・だし汁 160cc
A)醤油 大さじ1と1/2
A)砂糖 小さじ2
A)みりん 大さじ2
A)日本酒 大さじ1
・片栗粉 大さじ1/2

作り方

➀ 鶏もも肉はひと口大に削ぎ切りにする。長ねぎは斜め薄切りに切る。

② 鍋にだし汁とAの調味料を入れて火にかけ、煮立ったら鶏もも肉、長ねぎを入れて煮る。

③ 片栗粉を倍量の水(分量外)で溶き、混ぜながら加えてとろみをつける。

④ 溶いた卵を回し入れて、大きくゆっくりさっと混ぜる。卵がふんわり固まったら、丼のご飯にのせる。

⑤ 真ん中に卵黄をのせる。

じゃがいもとズッキーニのトルティージャ

スペインの卵料理トルティージャ。フライパンで丸く厚焼きに作るオムレツは、手軽でボリュームもたっぷり!

今回は、定番のじゃがいもにズッキーニを入れました。じゃがいもと玉ねぎの甘さに、ズッキーニのジューシーさが加わっておいしいですよ。

材料(20cmのフライパン1枚 3~4人分)

・卵 6個
・じゃがいも 2個
・ズッキーニ 1本
・玉ねぎ 1/2個
・にんにく 1片
・オリーブオイル 大さじ3~4
・塩 小さじ1

作り方

① じゃがいもとズッキーニはそれぞれ3mmくらいの厚さに切る。玉ねぎは薄切りにする。にんにくはみじん切りにする。

② フライパンにオリーブオイル大さじ1とじゃがいもを入れて炒める。まわりが透き通ってきたら玉ねぎとにんにくを加えて、じゃがいもが柔らかくなるまで炒める。ズッキーニ、塩小さじ1/2を入れて加えてしんなりするまで炒める。

③ 卵をボウルに割りほぐし、残りの塩を入れて混ぜ、炒めた野菜を加えて混ぜる。

④ フライパンをキッチンペーパーでふき、オリーブオイル大さじ2を入れて火にかける。フライパンが温まったら卵液を入れて大きくかき混ぜ、ふたをして焼く。

⑤ 周りに焼き色がついて卵液が固まってきたら、フライパンに皿をのせて手でしっかり押さえてひっくり返して卵を皿にのせ、フライパンに戻し入れて裏面も焼く。

じゃがいもは柔らかくなるまで炒めてから卵液に入れてください。ひっくり返すのはちょっと緊張しますが、皿をかぶせたらしっかり押さえてひっくり返してください。

あつあつはもちろん、冷めてもおいしいです。

豆腐のふんわり卵あんかけご飯

豆腐を入れた卵あんかけには、ふんわり優しい口当たり。食べ飽きないように、ねぎや生姜などの薬味と、食感のいい天かすをトッピングしました。

朝ごはんにも、飲んだ後の〆のご飯にもぴったりです。食欲があまりない日にもつるんといただけますよ。

材料(2人分)

・卵 2個
・豆腐 1丁
・ご飯 2膳
・片栗粉 小さじ2
・白だし 大さじ2
・水 200cc
・青ねぎ 2本
・みょうが 1個
・生姜 1片
・天かす 適量
・塩 適量

作り方

① 生姜をすりおろし、青ねぎは小口切り、みょうがは薄切りにする。

② 鍋にお湯をわかし、白だしを加える。豆腐をスプーンですくって入れ、温める。

③ 片栗粉を大さじ1の水で溶き、混ぜながらすこしずつ加え、少し煮る。

④ 溶き卵を混ぜながら少しずつ加える。塩で塩分を調える。

⑤ あたたかいご飯に卵あんをかけ、青ねぎ、おろし生姜、みょうが、天かすをのせる。

鶏むね肉のピカタ

コスパ最強コンビ、鶏むね肉と卵の組み合わせは、親子丼ではなく、洋風にピカタにしました。鶏肉は薄切りにするので短時間ででき、卵でコーティングして焼くのでパサつかずに仕上がります。

朝ごはんにも、お弁当にも、ワインと一緒に晩御飯にも。

材料(2人分)

・卵 2個
・鶏むね肉 200g
・粉チーズ 大さじ2
・マヨネーズ 小さじ2
・小麦粉 適量
・塩 適量
・胡椒 適量
・パセリ 適量(あれば)
・付け合わせの野菜 適量

作り方

① 鶏むね肉は、削ぎ切りにして塩と胡椒を振り、マヨネーズを揉み込む。

② 卵を割りほぐし、粉チーズと塩少々、みじん切りにしたパセリを入れて混ぜる。

③ 鶏肉に小麦粉をつけ、余分な粉をはたいて卵液にくぐらせる。

④ フライパンに、オリーブオイルを入れて火にかけ、卵液をつけた鶏肉の両面を焼く。

⑤ 付け合わせの野菜と一緒に盛りつける。

今回はたまごをつかった、絶品節約レシピをご紹介しました。コスパ抜群で簡単なのに、まるでお店のような味をおうちでも楽しめます♪ぜひ、作ってみてくださいね!


michill
michill
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。

ピックアップ

ボリュームあるのに太って見えない!H&Mの定番ニットで作るオススメコーデ4選
マスクメイクはツヤと立体感がないとブス見え!「プチプラチーク&ハイライト」ガチ比較しました
秋はやっぱり暖色系!派手見えしない♡美容師おすすめのヘアカラー4選
【ダイソー&セリア】普通のキーホルダー?…なんて侮ってごめん!単純だけど使える♡お洒落雑貨