メディア個別 ちょっとおしゃれなバナナ救済レシピ!バナナジャム&プリン風バニラカスタードのパルフェ | michill (ミチル) | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ちょっとおしゃれなバナナ救済レシピ!バナナジャム&プリン風バニラカスタードのパルフェ

第2009回 michill (ミチル)
ナチュラルフード・コーディネーターの茂木奈央美です。レンチンであっという間に出来ちゃうバナナジャムと、お鍋で2分温めればOKな簡単プリン風クリーム。冷やしてグラスに盛り付ければ、おうちカフェ気分が楽しめる、豪華なグラスデザートのレシピご紹介します。

このレシピを試すのにかかる時間

バナナジャム 10分 プリン風バニラカスタードのパルフェ 10分

レンジで作るバナナジャムのレシピ

濃厚なバナナにレモンの爽やかな酸味を効かせた、ジャムです。パンに塗っても、牛乳や豆乳に混ぜてドリンクでも楽しめます。

材料(作りやすい分量)

・バナナ…2本(正味200g)
・砂糖…大さじ2と1/2
・レモン果汁…大さじ1

作り方

① バナナは皿や耐熱容器に乗せ、皮ごと電子レンジ600wで2分半から3分温める。
※皮が黒くなり、中身が沸々するまで時間を調節しながら温めて下さい。煮えてくると皮に亀裂が入ります。時間はバナナの熟し度合いによって変わります。

② 皮を剥いて、耐熱容器に移す。出てきた水分も一緒に入れる。

③ 砂糖とレモン果汁を加え、フォークを使って潰す。

④ 電子レンジ600wで、ラップをせずに1分半から2分温める。取り出してかき混ぜたら、出来上がり。

※吹きこぼれないよう、大きめの耐熱容器で温めて下さい。水分が多いようなら、様子を見ながら再度加熱します。

バナナは、加熱するとフラクトオリゴ糖が増えてお腹の調子を整えてくれたり、免疫力アップにも。
先に皮ごと温めると効率よく加熱もでき、簡単につぶせてトロトロになりますが熱くなりますので、注意してください。

使用するバナナは、スイートスポットが出来始めた完熟がおススメです。

バナナジャムとプリン風バニラカスタードのパルフェのレシピ

材料(4~5個分)

A卵黄…2個
A砂糖…大さじ2と1/2
Aコーンスターチ…大さじ2
Aバニラビーンズ…3~4cm(バニラエッセンスでも可)
・牛乳…300ml
・バナナジャム…大さじ4~5またはお好みの量
・グラノーラやミューズリーなど…適量
・バナナ…1本(あれば)
・ホイップクリーム…適量(あれば)
・ミントの葉…適量(あれば)

作り方

① 小鍋に材料Aを入れ、泡だて器でかき混ぜ、続けて牛乳を2回に分けて入れる。※バニラビーンズは、さやに切れ込みを入れて広げたら、タネを包丁でこそげ取ります。

② 中弱火で1~2分またはとろみが付くまで温める。※温まってくるとすぐに固まり始めるので、この間は、絶えず泡だて器でかき混ぜます。カスタードクリームくらいの固さを目安にします。

③ 容器に移し、粗熱を取って冷やしておく。

冷めてくると、粗熱が取れた時点で、プルプルのプリンのように固まります。アメリカ西部では、コーンスターチでカスタード風味のクリームを固めるこのタイプをプディングと呼んでいます。

④ グラスにバナナジャムを入れ、その上に薄切りにしたバナナを重ね、グラノーラ、③をスプーン等ですくって順に乗せていく。

⑤ お好みでホイップクリームを乗せ、薄切りバナナとミントの葉を飾って出来上がり。

瓶にバナナジャムと③を温かいうちに入れ、冷やせばバナナプリンにもなりますよ!シンプルで材料も少ないので、更に手軽に作れます。

免疫力アップ食材のバナナを使って、バナナジャムとプリン風バニラカスタードのパルフェをぜひ作ってみて下さいね!


michill
michill
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。
”笑顔が満ちる、ちょっとしあわせなワタシ” michill(ミチル)は、毎日がんばる女性が「もっと日常を便利にしたい」を見つけるために、 役に立つコツやここでしか見られない情報を提案するライフスタイルメディアです。 ファッション、ヘアスタイル、レシピなど専門性の高いライターによる信頼できる情報を中心に配信しています。