メディア個別 アーノルド・シュワルツェネッガー、「死にかけた」心臓手術について語る | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

アーノルド・シュワルツェネッガー、「死にかけた」心臓手術について語る

第1371回 海外スターの最新ニュース

アーノルド・シュワルツェネッガー(72)が、2020年度の卒業生へ贈った言葉の中で、緊急心臓手術の経験を語った。シュワルツェネッガーは、2018年3月、心臓内の肺動脈弁置換手術のために手術台へ上がった際、内部出血が発見され急遽開心術を受けることになった。リハビリに努力を重ねた結果、その4か月後には『ターミネーター:ニュー・フェイト』の撮影を開始できるまでに回復した経験を引き合いに出し、コロナ禍で卒業する学生達に障害は克服できると励ましの言葉を贈ったかたちだ。

シュワルツェネッガーはインスタグラムに、こう綴っている。「コロナウイルスの中、障害を克服する方法について卒業生へ向けた僕のアドバイスは、こうだ」「コロナウイルスのせいで、君たちは障害に溢れた世界へ卒業して行く。だから僕は、どれだけ成功していても障害がつきまとうことを君たちに知っていて欲しい。でも、それを克服して自らの目的に向かって進むことは出来る。『ターミネーター』の前に僕の心臓手術が大変なことになった話をここでしたい。この困難な時期において、モチベーションとなってくれることを願っている」

また同時に投稿した動画では「このウイルスが、君たちが直面する最後の障害にならないとは自信を持って言える。でも、次なるものが来た時の準備にはなる」「障害を克服する。人生はそういうことなんだ。君達の人生を通し、障害は目の前に投げられてくることだろう」と語った。

また手術に関しては、あの時に開心術を受けていなければ死んでいたかもしれないとした上で、「ターミネーター」第6弾を心に留めて回復に励んだと続けた。「それを目標に定めた。小さな勝利を宣言することから始めたんだ。歩行器を使っての最初の500歩に勝利を宣言。そして食欲が戻り、普通に食事が出来た時も勝利だ」「どんなに成功していても、僕の心臓手術や、今君達が卒業して行く状態のように、人生は障害物をその道のりに投げてくるんだ」「しかし、僕が今話したように、自分が何をしたいのか、どんな人になりたいのか、明らかなビジョンを持っていれば、その全ての障害物を克服す方法を見つけることが出来る」

ピックアップ

アーミー・ハマー、離婚の辛さを明かす
ジェニファー・アニストン、引退を検討中!?
『ザ・クラウン』、シーズン4が11月に配信開始へ
ザック・エフロン、『ファイアスターター』映画化作で主演へ