メディア個別 【2歳〜3歳編】飛行機の手荷物はこれを持ち込もう! | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
【2歳〜3歳編】飛行機の手荷物はこれを持ち込もう! 

【2歳〜3歳編】飛行機の手荷物はこれを持ち込もう!
~ベビーカレンダー~

2歳を超えると、若干の割引はされるものの、一人分の座席を購入することになる飛行機では、その分、手荷物もお子さんの分を機内にしっかり持ち込むことが可能になります。

 

2歳を超えると、若干の割引はされるものの、一人分の座席を購入することになる飛行機では、その分、手荷物もお子さんの分を機内にしっかり持ち込むことが可能になります。

 

とはいえ、0歳児のときとは違い、哺乳瓶のような絶対必要なものがわかりにくいのもこの時期。2歳〜3歳のお子さんを連れての旅行では、どのようなものを機内に持ち込むといいのでしょうか。

 

必要な食べ物は用意

麦茶しか飲まない、牛乳しか飲まないなどの嗜好がお子さんにある場合は、飛行機内に必ずしも用意されているとは限らないので、チェックインしたあとに、お子さんに必要な飲み物を購入しておくようにしましょう。国際線の場合、チェックイン前だと規定量を超えるものは荷物検査の際に没収されてしまうので注意してください。

 

また、飛行時間が長い場合は、お子さんの気を紛らわすためにもお子さんの好きなお菓子などを用意することをおすすめします。離陸直後には、耳を痛がるお子さんも多いので、飛行機でくれることも多い、あめを用意しておくといいでしょう。
 

おもちゃはなるべく細かくないものを

2歳以上になると、必ずお子さんが一人で座席に座ることになります。ずっとではないものの、シートベルトをして座らなければなりません。なるべく嫌がることなく、お子さんが座っていてくれるように、好きなおもちゃや絵本を持ち込むことをおすすめします。

 

とはいえ、おもちゃはなるべく細かくないものを選択してください。飛行機の揺れでおもちゃがテーブルやイスから落ちると拾うのが非常に大変です。また、お絵描き好きや塗り絵好きな子どもには、ノートと色鉛筆を用意するといいでしょう。時間稼ぎに役立ちます。ただし、ペンは机に間違えて描いてしまうととれないので、色鉛筆など、消せる筆記用具がベターです。

 

着替えも忘れずに

機内が寒くなったときのために、着脱が容易な上着を持ち込むことを忘れずに。また、汗をかいたり、ジュースをこぼしたり、お漏らしをしてしまったときのために、最低限の着替えを持ち込みましょう。

 

まだ、トイレに自信がない子や、おなかの調子が悪い場合は、飛行機のときだけでもおむつにしておくと安心です。

 


あれもこれもと詰め込んでしまうと、すぐにパンパンになってしまう荷物ですが、何かあったときにあわてず対処できるように、お子さんがふだん必ず必要としているものは、忘れずに持ち込むようにしてあげてください。(TEXT:ヒロコ ラメッシェ)

 

配信元

この記事へのご意見はこちら
PAGETOP