メディア個別 体重を増やさなければ安産になる? | カラダのキモチコラム | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
体重を増やさなければ安産になる? 

体重を増やさなければ安産になる?
~カラダのキモチコラム~

妊婦健診に行くたびに、お腹の赤ちゃんと共に自分の体重が気になる人も多いのでは。毎回、必ずチェックがあり、時には細かく指導されることもあるかもしれません。では、体重を増やさなければ安産になるのでしょうか。 | 体重増加、ど […]

妊婦健診に行くたびに、お腹の赤ちゃんと共に自分の体重が気になる人も多いのでは。毎回、必ずチェックがあり、時には細かく指導されることもあるかもしれません。では、体重を増やさなければ安産になるのでしょうか。

| 体重増加、どれぐらいなら大丈夫? |

厚生労働省は、妊婦の体重増加について、BMI値(※)における標準体重(BMI値18.5から25未満)の場合で7kgから12kgが望ましいとしています。出産前に体重が10kgを増えた場合、その内訳は赤ちゃんの重さが約3kg、残りは赤ちゃんを守る胎盤や羊水、子宮の筋肉、血液量などの重さとなります。BMI値が18.5未満の痩せ型の場合、望ましい体重増加量は9kgから12kg。BMI値が25以上のぽっちゃり体型の場合、「これくらい増えても大丈夫」という目安は特に示されておらず、個別対応となっています。※BMI値は、標準体重を導き出すために使用されている、最も一般的な体格指標。計算方法は、体重(kg)を身長(m)で2回割ったもの。例えば体重58kg、身長155cmの人のBMIは、58÷1.55÷1.55で約24。

| 見直したい食事の量と内容 |


妊娠中は摂っておきたい栄養素があったり、妊娠中期以降になると多めにエネルギーが必要になったりするので、ついつい食べる量も増えてしまいがち。また、妊娠中は体に脂肪がつきやすくなっています。「お腹の赤ちゃんの分も食べなきゃ」と2人前食べていたら、当然、必要以上に太ります。元々肥満の人が過剰に太る、標準体重の人でも20kg以上増えている、といった場合には気をつけてください。この場合、糖尿病を発症するリスクが高くなったり、産道に脂肪がつき赤ちゃんが通りにくくなったりすることもあり得ます。妊娠期の体重管理は、食べることを我慢するのではなく、食事の内容と摂り方を工夫してみましょう。妊娠中に必要なカロリーは、通常のカロリー+350kcal程度。350kcalはごはんに換算すると1膳半ぐらいのもの。もちろん、ご飯だけを増やすのではなく、野菜、肉、魚、果物…といろいろな食材をまんべんなくバランスよく摂るようにしましょう。ちなみに、妊娠後期になると通常のカロリー+500kcalくらい、出産後、授乳中はさらに増やして+700kcalくらいが目安です。

| 太ると妊娠高血圧症候群になる? |

「太ると妊娠中毒症になる」という話を耳にしたことはありませんか。妊娠中毒症は昔の名称で、現在では妊娠高血圧症候群と呼ばれ、発症すると胎児の発育に大きく影響するといわれています。
妊娠中に高血圧になりやすいのは、胎盤へと向かう血流が何らかの理由で滞った時、血圧を上げて赤ちゃんに栄養を送ろうとするため。この状態が続くと腎臓がダメージを受けてタンパク尿が出たり、腎機能が低下することでむくみが起こったりすることがあります。「体重が1週間に500g以上増えるのは、妊娠高血圧症候群のサイン」といわれますが、これはむくみの結果として体重が増えるということで、体重が増えたから妊娠高血圧症候群になるわけではありません。妊娠中はむくみやすいものですが、顔や手までむくむ場合は注意が必要です。他にも目がチカチカしたり頭痛がしたりするなど、普段感じることのない不調が出てきたら、それは妊娠高血圧症候群の兆候かもしれません。念のため、産婦人科へ相談しましょう。

| ダイエットはNG!栄養不足は胎児の成長の妨げに |

出産直後は、だいたい「赤ちゃんの体重+2kg」が体外に出て行くことになるので、ママの体重は5kgぐらい一気に減ります。残りは、妊娠中に赤ちゃんを守るために大きくなった子宮の筋肉や腰周りの脂肪など。「小さめの赤ちゃんなら、産むのも育てるのもラク!」とか、「妊娠中に5kg以上太らないようにすれば、産んだ途端にダイエットできる!」などと、あえて体重を増やさないようにするのは、NGですよ。赤ちゃんと母体に必要な栄養素が不足してしまいます。妊婦さんの栄養状態がよくないと、2,500g未満の「低出生体重児」が生まれる確率が高くなるのです。また、胎児は母体の環境から栄養状態を予測して生まれてくるといわれているため、妊娠中の母体が低栄養状態だと、出生後の状況がその子にとって過栄養になることも。すると、高血圧や糖尿病などの生活習慣病、メタボリック症候群、肥満になりやすいといったリスクがあります。さらに、人間の体は糖質が足りなくなると、脂肪やタンパク質を分解してエネルギー源に変えようとしますが、同時にケトン体という物質が作られます。このケトン体、絶食するだけでも多少は出てくるのですが、無理なダイエットをして増え過ぎると、胎児の発育に悪影響を及ぼすことも。特に妊娠初期の器官形成期に母体が飢餓状態になると、赤ちゃんのIQが低くなることがあるともいわれています。赤ちゃんの未来のためにも、きちんと栄養を摂ることは重要!妊娠中は、医師などからの指導がない限り、ダイエットはやめておきましょう。

| 適正体重を多少前後してもOK |

このように、妊娠中の体重増加は自然なこと。お腹の赤ちゃんに栄養を与えたり守ったりするため、また出産や産後の育児を元気に乗り切るために必要なことなのです。そして、元々の体重や体質によって適正な体重は人それぞれ。多少前後しても心配し過ぎることはありません。体重を増やさなければ安産になったり、それが出産の命運を握ったりするわけでないことを知っておきましょう。あまり神経質にならないように、赤ちゃんとママ、どちらにもちょうどよい増え方を目指してくださいね。

配信元

PAGETOP