メディア個別 クリス・ヘムズワース、爆破テロ被害者を『マイティ・ソー』新作プレミアに招待 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

クリス・ヘムズワース、爆破テロ被害者を『マイティ・ソー』新作プレミアに招待

クリス・ヘムズワースがマンチェスター・アリーナ爆破事件の被害者を『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』のロンドンプレミアに招待した。マーベル・シネマティック・ユニバースのソー役でおなじみのクリスは、2017年5月にアリアナ・グランデのコンサート直後に発生した同テロ事件で脊柱を負傷したマーティン・ヒバートさんが、革新的な手術を受けるためにクリスの地元オーストラリアに来ていた時に出会ったのだという。

豪放送局チャンネル7の『ザ・モーニング・ショー』に送られたビデオメッセージの中でクリスはこう明かした。「やぁ、マーティン、元気でやってるかな。オーストラリアで一緒に過ごした時間はとてもインスパイアされるものだったと言っておきたくて」「とてつもない逆境と劇的な困難に直面しながらも、君のようにとても前向きな姿勢を持った人に会えることは素晴らしいことだった」「あんな強い気持ちと根性で回復を目指していることはこれ以上ないほどインスパイアされることだし、君は類を見ないタイプの人だ。レッドカーペットを歩いてすぐにまた会えることを楽しみにしてるよ」

娘のイヴさんと共に事件当時コンサートを訪れていたマーティンさんは、爆弾の金属片により22か所を負傷し、歩くことが出来なくなっていた。しかし、オーストラリアでの2度の治療を経て、脚の動きが回復してきている。

2度目に同国を訪れ、4か月間滞在していた際にクリスに会ったというマーティンさんは、『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』のロンドンプレミアが開催される来年までに歩けるようになっていれば、是非来て欲しいとクリスに招待されていたと明かし、「それが頑張る大きなモチベーションになっています」と続けた。