メディア個別 ルビー・ローズ、『バットウーマン』降板理由は過密スケジュール!? | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ルビー・ローズ、『バットウーマン』降板理由は過密スケジュール!?

ルビー・ローズがドラマ『バットウーマン』から降板した理由は過密スケジュールにあったと言われている。米放送局CWで放送中の同DCコミックドラマの第1シーズンで演じていたバットウーマンことケイト・ケイン役からの降板を先日発表したルビーだが、その理由については明かされいなかった。しかし、複数の関係者がヴァラエティ誌に話したところによれば、その主役を演じるにあたり課せられた長時間労働にルビーが不満を持っていたことで、現場にも不和が生じ、ルビーと制作のワーナー・ブラザース・テレビジョンの双方間で、これ以上一緒に仕事をしない方が良いとの決断に至ったという。

『オレンジ・イズ・ニュー・ブラック』でも知られるルビーは、『バットウーマン』の撮影中に受けた椎間板ヘルニアの手術の後遺症に苦しんでいることが今回の降板の原因ではないかと思われていた。しかし、ある関係者は今回の降板が「健康面や負傷と一切関係ない」と口にしていた。

ローズは降板発表にあたり、次のような声明を発表していた。「苦渋の決断ではありますが、『バットウーマン』の新シーズンには戻らないことにしました。バンクーバーとロサンゼルスで番組に関わってくれたキャストやスタッフのみなさんにはこれ以上ない敬意を持っていますので、決して軽々しく決めたことではありません」