メディア個別 実はかなり他人にみられている…。背中・うなじニキビの原因と治療法 | いまトピママ | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

実はかなり他人にみられている…。背中・うなじニキビの原因と治療法

第529回 いまトピママ
シャツの襟からのぞく背中やうなじのニキビ。治らないとあきらめていませんか?
背中やうなじのニキビの原因と治療法をご紹介します。

顔と背中・うなじのニキビは原因が違う

髪をひとつにまとめた時や、背中の開いた服を着た時、目立つのがうなじや背中のニキビ。

顔のニキビと違い、なかなか治りにくいのが特徴です。

一般的に、顔のニキビと背中やうなじのニキビは原因が異なると言われています。

顔のニキビは、毛穴の出口がふさがって皮脂がつまり、そこにアクネ菌が繁殖してニキビになります。

一方、背中やうなじのニキビは、毛穴から黄色ブドウ球菌や真菌が侵入することで炎症が起こりニキビに。

原因が違うため、顔のニキビと同じ処置をしても治りにくいのです。

また、汗やムレ、皮脂汚れ、傷、摩擦などの刺激、紫外線も背中やうなじのニキビの原因に。

しっかり泡立てた石けんでやさしく洗って

体の中心線にあたる背中やうなじは皮脂が出やすい場所なので、もともとニキビができやすい場所でもあります。

手の届きにくい場所ですが、お風呂に入った時はしっかり泡立てた石けんでやさしく皮脂を洗い流すように心がけましょう。

背中やうなじのニキビが治らない場合は、皮膚科に専用の薬を処方してもらって。

また、まれに内科系疾患が原因の場合もあるので、医師に相談してみましょう。

ほかにも、背中やうなじニキビの原因として考えられるものを下記でご紹介します。

考えられる背中やうなじニキビの原因

○シャンプーやコンディショナーのすすぎ残り

お風呂に入った時、体から洗っていませんか?

体から頭の順に洗うと、シャンプーやコンディショナーのすすぎのお湯が背中につき、それが原因でニキビになっていることも。

お風呂では上から順に洗っていきましょう。

頭を洗ってから体を洗うことで、シャンプーやコンディショナーのすすぎでついた洗髪剤を洗い流すことができます。

○ヘアスタイリング剤

髪につけたヘアスタイリング剤が、首や背中につき、それが背中やうなじのニキビを作っている可能性もあります。

スタイリング剤を使うなら、天然のつばきオイルなど、肌にも使えるナチュラルなものに変更するか、髪をまとめてうなじや背中につかないスタイルにするなどの工夫を。

朝、シャワーを浴びる派の人は、寝ている間に日中に使ったスタイリング剤が背中やうなじについてしまっている場合も。

夜、シャワーでスタイリング剤をすっきり洗い流してからベッドに入るだけでも、改善するかもしれません。

○洋服のラベルの刺激

首の後ろ側についている洋服のラベル。

実は、このラベルが洋服を着用している時に擦れて、皮膚を刺激している場合も。

刺激から湿疹がでて、そこから菌が入り、ニキビになっていることも考えられます。

気になる人は、ラベルをカットしてから着用してみましょう。

執筆/監修:株式会社からだにいいこと

いまトピママ
いまトピママ
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。
いまトピ ママは子供を育てるママたちに役立つ情報をお届けします。

ピックアップ

【期間限定!】漢字クイズに正解するとdポイント5ptがもらえる!
地味に効果あり! 夏の光熱費を下げるための5つの工夫
離婚調停の基本情報『申立編』。申立方法から書き方など
夏の夜をぐっすり眠りたい…気持ちよく眠れる寝具の整え方