メディア個別 【たった185kcal?】管理栄養士が激怒! 道端アンジェリカの危険なスーパーフード朝食 | ママテナTVウォッチ&ガイド | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

【たった185kcal?】管理栄養士が激怒! 道端アンジェリカの危険なスーパーフード朝食
~ママテナTVウォッチ&ガイド~

モデルの道端アンジェリカ(31)が7月13日(木)に放送された『ダウンタウンDXDX』に出演。スーパーフードを取り入れた朝食を紹介したところ、日本ビューティーヘルス協会の管理栄養士・池上淳子氏に一喝される一幕があった。

この日は「朝から晩まで!芸能人24h公開SP」と題し、芸能人の素顔を公開。“こだわりの朝ごはん”のコーナーでは、別室のモニターで管理栄養士の池上氏が見守る中、芸能人たちの朝食を紹介し、池上氏がそれぞれの食事内容の改善点などをアドバイスした。

モデルとして美しいスレンダーボディを誇るアンジェリカは「最強の美容食! スーパーフード朝ごはん」と題した朝食を紹介。だがその内容はスムージー(スイカとココナッツウォーター)、ヨーグルト&グラノーラ&スーパーフードを合わせたもので、成人女性1食の目安が670kcalであるにも関わらず、アンジェリカの朝食はわずか185kcalしかなかった。

アンジェリカは「スムージーは基本的に季節の野菜とか…。今はスイカが季節なので、最近はスイカにハマっています。家に40種類ぐらいスーパーフードがあるので、その日の気分によって…」と朝食について自信満々に解説したが、池上氏は「本当にですね…非常に腹立たしい朝食なんですね」と一喝。さらに「特に、若い女性がこういったものを見て影響を受けて食べることによって、体調を崩すことが多い」と指摘した。

ビタミンやミネラルなどを豊富に含むスーパーフードは栄養効果が高く代謝を助ける食べ物なので、キチンと食事を摂った上でプラスアルファとして活用すればより効果的だ。しかし、池上氏によれば、アンジェリカの朝食では体を作ることができないし、同時にたんぱく質を摂らなければ美肌も作れないという。ママにとっても体型の維持は常に気になるが、何ごともやりすぎは禁物であることを肝に銘じておきたい。

(文/タカザワ紅緒)
話題の芸能ニュースBest3
>この記事へのご意見はこちら
PAGETOP