メディア個別 目からウロコ! なわとび上達法ー前編ー | 目からウロコ! 逆上がり&なわとび上達法 | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
目からウロコ! 逆上がり&なわとび上達法 

目からウロコ! なわとび上達法ー前編ー
~目からウロコ! 逆上がり&なわとび上達法~

小学校に入ると、体育の授業で長い期間取り入れられるのがなわとびです。学年が上がるたびに難易度がどんどん上がっていくので、出遅れてしまうとなかなか周りのみんなに追いつくのは大変です。でも、なわとびの練習はひっかかると痛かったり、辛くてつい心が折れてしまいます。そこで、笹木コーチが痛くない、辛くない!?なわとび練習法を伝授! 今回は、なわとびのすべての基本となる“前跳び”の上達法を紹介します。

なわとびの知っておきたい基礎知識

まず、なわとびの練習方法と前跳びの実践にいく前に、知っておきたいなわとびの素朴な疑問について、笹木コーチに聞いてみました。

Q1.なわとびの長さはどのくらいがいいの? 

「なわとびは、脇をしっかりしめて縄を手首でまわして跳ぶので、脇をしっかりしめてなわとびを持ち、交差して肘でおへそを隠してしっかり自分の体が入る長さを確認する。(縄の真ん中を片足で踏んでグリップが胸の高さくらい)」
目からウロコ! なわとび上達法ー前編ー
 
Q2.なわとびの持ち方は?

「まず、なわとびのグリップを握る場所は手の平ではなく指の付け根。なわとびのグリップを指の付け根に置いて小指から順に握っていってください。手の平で持ってしまうと、手首がロックされてしまって自由に使えなくなってしまうからです。握ったら、親指の位置は、ジャンケンのグーの位置ではダメ! 親指は握ったなわとびのグリップに軽く添える。(写真下)。そのとき、常に親指の爪が上に向くように持って回すことがポイント。握る強さは、人に引っ張ってもらって抜けるくらい。強く握りすぎないように!」
目からウロコ! なわとび上達法ー前編ー
 
目からウロコ! なわとび上達法ー前編ー
 
Q3 なわとびの足の位置とジャンプの仕方は?

「足の位置は、くつ一足分前後にずらすとジャンプするときに脱力しやすくなります(写真上)。ジャンプの仕方は、重心は地面に垂直に、頭、肩、腰、かかとを点で結ぶとまっすぐなイメージで。ひざを曲げて跳ぶという感覚ではなくて、つま先ジャンプでひざを前に“くの字”に出す感覚で跳ぶ。(下写真ひだり)。このとき、絶対に重心がかかとにいってお尻がさがらないように!(下写真みぎ)」
目からウロコ! なわとび上達法ー前編ー
 
目からウロコ! なわとび上達法ー前編ー
 

なわとびを持つ前に、なわとびなしの練習法

なわとびの疑問が解決したところで、いよいよ練習方法と実践!

①姿勢を保ったまま長くジャンプする練習。

「“ジャンプの仕方”のところで説明した正しい姿勢を保ちながら、長時間ジャンプする練習をします」

②エアなわとびで練習

「なわとびを持ったつもりでジャンプする練習です。脇をしっかりしめてなわとびのグリップをもったつもりで手首を回しながら、正しい姿勢でジャンプを続けましょう。脇がうまくしめられなかったら、タオルを脇にはさんで練習してみましょう!」

③親指を回す練習

「なわとびを回すときに、“親指を上にして手首を回しなさい!”と言っても小さいお子さんはなかなかうまく回せないことがあります。そのときに、“親指をまわしてごらん”というとわかってくれるんです。その練習法として、家の壁に紙を貼って、なわとびのグリップの持ち方でペンをもって、親指を回しながら円を描く練習をさせてみてください。前まわし、後ろまわし、手を交差して前・後ろと、手首を回す感覚をなわとびなしで養うことができます」
目からウロコ! なわとび上達法ー前編ー
 
では、いよいよ後編はなわとびを使った練習と前跳びの実践です!

指導・監修

撮影/岡村智明 イラスト/尾代ゆうこ 取材・文/横田裕美子

この記事へのご意見はこちら
PAGETOP