メディア個別 共働き夫婦はどう家計管理している? 生活費の分担額の差は? | いまトピママ | ママテナ
共働き夫婦はどう家計管理している? 生活費の分担額の差は?

共働き夫婦はどう家計管理している? 生活費の分担額の差は?

お互い個人の収入がある共働き夫婦は、どのように家計管理をしているのでしょうか?
生活費はきっちり折半? それとも夫持ちで妻が貯蓄負担?
生活費の負担額の差などはないのでしょうか。さまざまなケースをご紹介します。

共働き夫婦の家計管理方法とは?

共働き夫婦の家計管理は、どのようにしているのでしょうか?

主に、3つの方法があるようです。

共通財布

夫と妻の収入を1つにまとめ、生活費から貯金額まで家計の支出を賄い、どちらか一方がそれを管理する方法。

ほとんどの家庭で妻が管理しており、夫はおこづかい制であることが多いです。

別財布

夫と妻のそれぞれの収入を自分で管理し、家計の支出は分担して出し合う方法。

光熱費は夫、食費は妻など項目ごとにわけるなどし、残ったお金はそれぞれが自由に使うことができます。

全額一方負担

夫、または妻のどちらか一方が家計の支出を全額負担し、もう一方が全額貯蓄をする方法。

妻がパートの場合もあるため、多くの家庭で妻の収入を貯蓄にあてているようです。

それぞれの分布はおおよそ以下の割合だといわれています。

共通財布…約5割
別財布…約2割
全額一方負担…約2割未満
(残りはその他)

妻が正社員の場合は別財布でも管理がしやすそうですが、パートの場合だと収入が少ないため、共通財布か一方負担の方法になってしまうことが多いようですね。

【共働き家計管理法】それぞれのメリット・デメリット

3つの方法をご紹介しましたが、それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

共通財布

<メリット>

家計管理がしやすい。 貯蓄がしやすい。 どちらかが浪費家の場合、おこづかい制にすることで無駄遣いを防ぐ。

<デメリット>

おこづかいが少ないと喧嘩の原因になる。 管理をしていない方は家計の支出が把握しにくい。 別財布

<メリット>

自分のお金を自分で管理することができる。 自由に使えるお金を多く残すために、節約するようになる。

<デメリット>

子どもの学費など、家庭のための貯蓄がしにくい。 生活費を平等に分担できず、どちらかが多く負担してしまう場合がある。 お互い相手がどこで何にお金を使っているのかが把握できない。 全額一方負担

<メリット>

ほぼ確実に一定額貯蓄ができる。 使えるお金がどのくらいなのか把握しやすい。

<デメリット>

片方の収入だけでは賄えない場合がある。 自分の収入が全て貯蓄にまわるので、働き甲斐がない。

それぞれメリット・デメリットがあります。

どの方法が1番いいのかはその家庭による部分があるので、それぞれの特徴を比べて自分たちにあった家計管理法を見つけてくださいね。

関連記事:

ピックアップ

実は楽しい「調査員」の仕事。スキマ時間にできる在宅ワークとしておススメ!
後悔しないために…。シングルマザーの仕事の探し方とは?
子どもを”安全”に”心配なく”留守番させるにはどうしたらいいの?
どうやって在宅ワークを探すの? 求人の探し方と悪徳業者の見分け方