メディア個別 基礎体温を測る時間はいつも同じでないとまずいの?測りそこなったらどうする? | カラダのキモチコラム | ママテナ
基礎体温を測る時間はいつも同じでないとまずいの?測りそこなったらどうする?

基礎体温を測る時間はいつも同じでないとまずいの?測りそこなったらどうする?

基礎体温の計測は、女性の体のリズムを知るために有効な方法です。そして正確な結果を得るには、決まった時間に測るといった、一定の条件を守ることが大切となってきます。しかし、朝の決まった時間に計測するというのは、実際にやってみ […]

基礎体温の計測は、女性の体のリズムを知るために有効な方法です。そして正確な結果を得るには、決まった時間に測るといった、一定の条件を守ることが大切となってきます。しかし、朝の決まった時間に計測するというのは、実際にやってみるとなかなか難しいものでもあります。
寝坊や早く目が覚めるなどして、計測する時間がずれたら、基礎体温は測る意味がなくなってしまうのでしょうか。ここでは、基礎体温計測についてのポイントを説明します。

基礎体温の正しい測り方を再確認

基礎体温は、朝起きたらすぐに測らなければならないことは知っていても、測る方法が間違っているために、せっかくの計測結果がばらついてはいないでしょうか。まずは基礎体温の正しい測り方をおさらいしてみましょう。基礎体温とは、体が最も安静にしている状態で、体内の生きるための活動が維持できるだけの体温が発生している状態です。

目が覚めてすぐの時間に、できるだけ体を動かさずに寝たまま計測するのが正しい方法です。測るタイミングは、毎日同じ時間であるのが理想的です。婦人体温計は、舌の下側に当てて測りますがこの位置も、いつも同じ位置であることが望ましいです。測り終わったらそれを記録し、グラフ化していきます。基礎体温の上がり下がりを把握することで、体のリズムを知ることができます。

理想通りにいかなくても大丈夫!

基礎体温の計測で正確な結果を出すためには、条件をできるだけ変えないようにする必要があります。昨日は朝測り、今日は夜に計測したのでは、条件が違い過ぎて基礎体温を測る意味がなくなってしまうということです。しかし、習慣になるまでは毎朝基礎体温を測るというのは、なかなか大変なものです。疲れていて計測時間より寝過ごすこともあるかもしれませんし、寝たまま計測するというのもつらいところです。時には体温計をくわえたまま二度寝してしまうこともあるかもしれません。
基礎体温の測り方というのは、あくまで理想的なやり方です。そうできるのがベストですが、習慣になるまではきっちり守って測ることは難しい場合があります。多少失敗しても大体は計測できていて、基礎体温の高温期や低温期のリズムを見られるレベルなら、何も問題はありません。

ピックアップ

妊娠初期・中期・後期別の起こりやすいトラブルや病気
妊活中に知っておきたい子宮の病気と妊娠への影響
妊娠中期(16~27週)の変化に伴う5つの注意点
生理痛があるのは当たり前……ではない!?