メディア個別 リタ・ウィルソンら、米映画芸術科学アカデミーの理事選挙に立候補 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

リタ・ウィルソンら、米映画芸術科学アカデミーの理事選挙に立候補

第1419回 海外スターの最新ニュース

リタ・ウィルソン(63)とエヴァ・デュヴァーネイ(47)が、アカデミー賞の主催者としても知られる映画芸術科学アカデミーの理事選挙に出馬した。2020年の理事会員を選ぶ同選挙には、2人を含む153人が立候補している。

同アカデミーは各支部に分かれており、デュヴァーネイは監督支部理事の座をかけて、再選を狙う現任のキンバリー・ピアースほか、ジェイソン・ライトマン、レジナルド・ハドリン、ブレット・ラトナーと競う。

一方リタは、現任のウーピー・ゴールドバーグほか、エド・べグリー・Jr、リチャード・ドレイファス、兄弟のステイシー・キーチ、ジェームズ・キーチと並んで俳優部門の理事の座を狙う。

同アカデミーは今年から新たな投票システムを取り入れており、従来のシステムでは、4人を選出する最終段階を設けて、そこから当選者を選んでいたが、新システムでは、投票者が各支部の立候補者に順位をつける方法となっている。

投票期間は今月1日から5日までで、当選者は今月内に発表される。