メディア個別 どこで出産する!?私が産婦人科選びで重視したポイント | ベビーカレンダー | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」
ママの知りたい情報が集まるアンテナ

ママテナ

どこで出産する!?私が産婦人科選びで重視したポイント

第487回 ベビーカレンダー
産婦人科選びで私がまず重視したのが「ママたちの評判」です。自宅からの「距離」も車で約15分。近いのも決め手となりました。施設を重視する、希望する出産方法を取り入れているかなど、人によって産婦人科選びで重視することは異なります。いざ行ってみて自分に合わないと感じたら、転院も視野に入れておくといいかもしれません。

産婦人科といってもいろいろな種類がありますよね。里帰り出産の場合は別として、多くの場合は、一度診察を受けたところで出産するケースが多いと思います。今回は私が産婦人科を選ぶ際に重視したことなどをお伝えします。

産婦人科の種類

「大学病院・総合病院」や「個人産科医院」など、産婦人科にはいろいろな種類があります。大学病院・総合病院は産婦人科以外に各科があるので、持病や合併症をもつ人にとってはとくに安心です。ところが、待ち時間が長いというデメリットがあることも。


個人産科医院は同じ医師やスタッフさんに診てもらえて、きめ細かな指導が受けられる印象があります。ただ、緊急事態が起こったとき、設備の整った病院へ転院する必要が出てくることもあります。

それぞれにメリット・デメリットあり

それぞれの産婦人科に、メリット・デメリットがあります。それらをふまえたうえで選択をしたいですね。私は個人の産科医院を選びましたが、医師やスタッフさんとのコミュニケーションがとりやすくてよかったと感じています。


情報収集をしつつ、実際に行ってみて自分に合う産婦人科を選びましょう。妊娠経過やおなかの赤ちゃんに問題がなく、より自然に主体性をもってお産に臨みたいという場合は「助産院」を選ぶ選択肢もありますよ。

もし自分に合わないと感じたら……

いろいろな情報をかき集めて選んだ産婦人科。いざ行ってみると自分に合わないと感じることもあるかもしれません。医師の言うことがキツくて行くのがいやだと言っていた友人がいて、転院をした話を聞いたことがあります。


実際に行ってみないと分からないものですよね。もし、医師や産婦人科の雰囲気が自分と合わないと感じたら、転院を検討するのもひとつの手かもしれません。安心して通院できる場所を選べるといいですね。


産婦人科選びのポイントは、「自分が何を優先すべきか」だと思います。痛みに対する恐怖が大きく「無痛分娩」を取り入れる産婦人科を選んでみる、評判はどうかなど、調べていくと自分に適した産婦人科が見つかるかもしれませんよ。(TEXT:ママライター田中由惟)

配信元

ベビーカレンダー ロゴ
ベビーカレンダー
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。
『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんの成長に合わせて一人ひとりに必要な情報を、毎日個別にカスタマイズしてお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。 妊娠してから1歳までのお子さまを持つかたに向けて、毎日新しい、役立つ情報をお届けします。 日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

あなたにおすすめ

ピックアップ