メディア個別 コール・スプラウス、人種差別抗議デモで逮捕される | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

コール・スプラウス、人種差別抗議デモで逮捕される

第1425回 海外スターの最新ニュース

コール・スプラウスが、「平和的」に行われていた人種差別抗議デモに参加して逮捕された。ドラマ『リバーデイル』のジャグヘッド役でも人気のコールは先月31日(日)、ミネソタ州ミネアポリスで黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警察官に逮捕される際膝で首を押さえつけられたことにより死亡したことを受け、カリフォルニア州サンタモニカで行われた抗議デモに参加していたところ、身柄を拘束されたという。

コールは、人種差別反対運動「ブラック・ライヴス・マター」のイメージと共に長文のキャプションをインスタグラムに投稿している。「僕を含む平和的な抗議グループが昨日、サンタモニカで逮捕された。貪欲でセンセーショナルなことを良しとする一連のメディアが、これを僕に関するニュースにしてしまったけど、その状況を説明する必要が明らかにある。『ブラック・ライヴス・マター』、平和、暴動、略奪は、全く正当な抗議方法だ。メディアは当然、最もセンセーショナルなことだけを報じている。それ自体が長年続いている人種差別計略の証明だ。僕は連帯を示し佇んでいた時に拘束された。サンタモニカ内の多くの最後の先導者達と同様にね。その場を退去する選択を与えられ、離れなければ逮捕すると言われた。多くの人がその場を離れようとした時、線を成した警察官達に行く手を阻まれてしまった。その時点で、彼らは僕たちをジップタイで縛り始めたんだ。異性愛者の白人男性で、世間に名前が知られた僕の拘束がもたらす結果を、この運動に参加しているほかの人々と比べているわけでは一切ないことを言っておく」

またコールは、インスタグラム・ストーリーで、「ブラック・ライヴス・マター」を支援するためのあらゆる方法をシェアしている。

コール以外にも、多くのセレブ達が世界各地で行われている今回の抗議デモに参加しており、その中の一人であるホールジーは今週、ロサンゼルスでデモ中にゴム弾や催涙ガスの被害にあったことを明かしていた。