メディア個別 ハル・ベリー、店を放火で失った高齢店主への支援を求める | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ハル・ベリー、店を放火で失った高齢店主への支援を求める

第1430回 海外スターの最新ニュース

ハル・ベリーが、抗議デモ中の放火で店を失った81歳の店主への支援を呼び掛けている。ハルは、ジョージ・フロイドさんの暴行死を受けて先週ロサンゼルスで発生した抗議デモ中に店を放火されたネッド・ハルニアンさんの窮状をソーシャルメディアで伝えた。

ハルはツイッターにこう綴っている。「80代の移民事業者の男性は、所有するメルローズ地区にある店舗が略奪された後、放火された上、最近他界した妻のジュエリーも盗まれてしまった。物事は狂った状況にあるけど、私達皆が1分時間をとって、この男性に助けの手を差しのべてくれることを願っている。できれば寄付をして」

ハルの投稿には、ハルニアンさんのクラウドファンディングのページのリンクも含まれており、ゴーファンドミーに掲載された情報によると、ハルニアンさんは先月30日の抗議デモ中に起きた略奪と放火により全てを失い、店内は灰と化した状態で、唯一の収入源を失ったばかりではなく、原因が暴動では保険が下りないことから、家賃すら払えない苦境に立たされているそうだ。また、1985年にアメリカに移住してきたハルニアンさんは、その後30年間全てを自身の事業やコミュニティに注ぎこんできたそうで、先日すい臓がんで妻を亡くした後、店は収入源のみならず、心の拠り所としての役割も果たしていたという。

現在のところハルニアンさんのクラウドファンディングには、7万5000ドル(約816万円)の目標額に対し、すでに5万ドル(約550万円)近くが寄せられている。