メディア個別 ヒュー・ジャックマン、人種差別撲滅に向けて宣言 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ヒュー・ジャックマン、人種差別撲滅に向けて宣言

第1433回 海外スターの最新ニュース

ヒュー・ジャックマン(51)が、人種差別撲滅に向けて努力することを宣言した。ジョージ・フロイドさんの死を受け、社会における不平等について世界中にいる友人たちと多くの会話を交わしたというヒューは、故ネルソン・マンデラからインスピレーションを受けているそうだ。

オーストラリア出身のヒューはインスタグラムに「どうすべきか、家族をどう導けばよいか確信が持てない困難な中、僕の人生の助けとなってきた師達に言葉を仰いだ」と綴り、抗議活動は主にアメリカで行われているものの、この問題が世界的なものであることを忘れてはならないと続けた。

そして、フロイドさんの悲劇が「変化の促進剤」となってくれることを願うとしている。「僕らは耳を傾け、理解しようと努力する必要がある」「ジョージ・フロイドさんの遺族には心からお悔やみ申し上げます。彼の死が変化の促進剤となりますことを。僕はこの時間を内省や見直しに活用し、確実にその変化の一部となれるように努力します」

妻デボラ=リー・ファーネスとの間に2人の養子を迎えているヒューは、養子縁組を考えた際、里親を探すのが困難になりがちなハーフの子供を意図的に探したと明かしていた。