メディア個別 ツイッターCEO、コリン・キャパニックの人権運動に3億円超を寄付 | 海外スターの最新ニュース | ママの知りたいが集まるアンテナ「ママテナ」

ツイッターCEO、コリン・キャパニックの人権運動に3億円超を寄付

第1435回 海外スターの最新ニュース

ツイッターのCEOジャック・ドーシーが、アメフト選手コリン・キャパニックの有色人種権利運動「ノウ・ユア・ライツ」に300万ドル(約 3億3000万円)を寄付した。ドーシーが巨額を寄付した同運動の新たな基金「スタート・スモール」は、アフリカ系など有色人種コミュティの解放と幸福の向上を目指している。

「さらに『スタート・スモール』へ寄付。教育、自身のエンパワーメント、多くの人を動かすことを通して、有色人種コミュティの開放と幸福の向上、次世代に変化をもたらすリーダーを引き上げるために、3万ドルをコリン・キャパニックの『ノウ・ユア・ライツ』に贈る」とドーシーは綴る。

先週末コリンは、ジョージ・フロイドさんが警察官に殺害されたことをを受けて、ミネソタ州で抗議活動を行う「自由を求める戦士」の弁護費用を支払うことを誓い「解放への戦いには、常に報復が付きまとう。我らの自由を求める戦士を我らは守らなればならない。ミネアポリスの自由戦士の弁護費用を『ノウ・ユア・ライツ』が支払う取り組みを始めた」とツイッターに投稿していた。

一方ザ・ウィークエンドも先日、人種差別と闘う団体ブラック・ライヴズ・マター・グローバル・ネットワークとコリン・キャパニックの同運動にそれぞれ20万ドル、また保釈金支援団体ナショナル・ベイル・アウトに10万ドル(約1100万円)を寄付しており、「全てにリスクを冒して、黒人の暮らしに実際の変化をもたらすべく活動する僕たちの兄弟姉妹」への支援を呼び掛けている。