メディア個別 いつか必ずパパになる日がくる!わが家の夫がパパになった日 | ベビーカレンダー | ママテナ
いつか必ずパパになる日がくる!わが家の夫がパパになった日

いつか必ずパパになる日がくる!わが家の夫がパパになった日

三度の流産を経験し、四度目で念願の出産!生まれたばかりのわが子をうれしそうに抱っこしている主人。きっといいパパになると思っていましたが、現実は違いました。
主人が少しずつパパになっていく様子と不安なママの気持ちを交えながら、その期間の過ごし方のヒントをお伝えします。

三度の流産を経験し、四度目で念願の出産!生まれたばかりのわが子をうれしそうに抱っこしている主人。きっといいパパになると思っていましたが、現実は違いました。主人が少しずつパパになっていく様子と不安なママの気持ちを交えながら、その期間の過ごし方のヒントをお伝えします。

念願の安定期!おなかに触れない主人

子どもが大好きで、子どもができることを心待ちにしていた主人。妊娠3カ月での流産を三度経験し、四度目で初めて安定期を迎えることができたときは、涙が出るほどうれしさでいっぱいでした。


胎動が始まり、私はうれしくて、おなかをさすりながらおなかの中の赤ちゃんに声をかけていましたが、なぜか夫は私のおなかを触ろうとしませんでした。いくら夫に促しても、「いや、生まれてくるまでは……」と言うばかり。三度の流産経験から、ダメだったときのつらさが耐え難く、浮かれてはいけない!と自分に言い聞かせているようでした。

いよいよ出産!初めての抱っこは夫

出産は帝王切開のため、誕生した娘の初抱っこは夫でした。写真で見る主人は、大事そうに娘を抱え込み、にやけた表情。本当にうれしい!という気持ちがあふれていました。


入院中は、仕事帰りに病院に来ては娘を見て帰る毎日。ところが退院後、夫は娘を抱っこするなど、すすんでお世話をすることはありませんでした。娘のお世話はすべて私の係り。私は、「自分の娘がかわいくないの!?」と、夫の態度に戸惑い、睡眠不足と育児疲れでイライラが募るばかりでした。

関連記事:

ピックアップ

「男の子ならでは問題」が発生!いかなるときも動揺しない父でありたい
【モスバーガー】海老好き必見♡大人気メニューを食べ比べ!お得感を味わえる方法も
大人気&話題!【業務スーパー】マニア厳選のやみつき本格韓国グルメ3選
「あの子が気持ち悪いんです」触れない理由をついに告白! #娘を触れない私 22