メディア個別 親のトラブルにも発展!?子どもが友だちにケガをさせてしまったら? | ベビーカレンダー | ママテナ
親のトラブルにも発展!?子どもが友だちにケガをさせてしまったら?

親のトラブルにも発展!?子どもが友だちにケガをさせてしまったら?

子ども同士の喧嘩で相手にケガをさせてしまったとき親が取るべき対応をご紹介します。ほっておくと、親同士のトラブルにもなりかねません。治療が必要なほど大きな怪我だったときは、電話での謝罪だけで済ませるのは非常識です。夫とともに菓子折りを持って相手の家に謝罪にうかがい、病院にかかった治療費の負担を申し出ることも必要です。

1〜2歳くらいになると、お友だちと遊ぶ機会が増えますよね。子ども同士だと、おもちゃの取り合いなどでケンカになることもしばしば。そのはずみでお友だちにケガをさせてしまったら、どうすればいいのでしょう!?

わざとではなくても親がきちんと謝る

子ども同士は、本当によくケンカをします。ケンカしては仲直りを繰り返し、学んでいくことも多いもの。だけど、小さな子どもは加減を知らないので、おもちゃをとられて思わず叩いてしまったり、突き飛ばしてしまったりしたはずみで、相手がケガをしてしまうことも。


そのときに大事なのは親の態度です。ケンカになった理由がどうであれ、相手の子どもと親にすぐさま謝罪することです。

大きなケガは、菓子折りを持って謝罪へ

かすり傷程度の小さなケガであれば、その場できちんと謝ったうえで、電話で改めてお詫びをし、次に会ったときに「先日は申し訳ありませんでした。おケガはいかがですか?」と声をかければいいと思います。


だけど、治療が必要なほど大きなケガだったときは、電話での謝罪だけで済ませるのは非常識です。夫とともに菓子折りを持って相手の家に謝罪にうかがい、病院にかかった治療費の負担を申し出ることも必要です。

関連記事:

ピックアップ

やりがちだけどNG。保育士が実は困っている保護者の対応とは?
「静かすぎる…」突然消えた息子。ゆらりと揺れたカーテンをのぞくと…?
「もう頑張る理由が見つからない」ごみの上で涙を流す日々。ついに限界が…! #いいから黙って食え!6
「し、しゃべった!」奇行のあと無反応になった娘。医師が呼びかけると…!? #13