メディア個別 【ママの体験談】なんだか照れる。6年ぶりに夫婦2人きりでランチへ | ベビーカレンダー | ママテナ
【ママの体験談】なんだか照れる。6年ぶりに夫婦2人きりでランチへ

【ママの体験談】なんだか照れる。6年ぶりに夫婦2人きりでランチへ

娘が幼稚園に入園し、ようやく自分ひとりの時間が持てるようになりました。平日に夫の仕事がお休みになり、久しぶりにランチへ。夫婦2人きりで出かけるのは6年ぶりです。お互い向かい合って座ると、照れてうまく話せません。もう決まったはずのメニューを眺める私たち。恋人同士のような夫婦関係に戻ったようで、新鮮な気持ちになれました。

私には小学生の息子、幼稚園の娘がいます。ようやく自分ひとりの時間ができ、ホッとしているところです。そこで夫とランチへ行ってきました。夫婦2人きりで出かけたのは、およそ6年ぶり。なんだか互いに照れてしまい、うまく会話ができなかったエピソードをお伝えします。

自分ひとりの時間が持てること

私は娘を出産する1カ月前までフルタイム勤務をしていました。そのあと退職して専業主婦へ。今まで保育園に息子を通わせていたので、娘と一日中一緒にいることに違和感を覚えたものです。仕事も大変ですが、専業主婦の大変さも痛感しました。


仕事中はある意味、自分の時間でもありますからね。娘が幼稚園に入園し、ようやく自分ひとりの時間が持てるように。自分だけの時間は、本当に気分転換になります。

6年ぶりに夫婦二人きりランチ

平日に夫の仕事がお休みになり、久しぶりにランチへ行くことになりました。夫婦二人きりで出かけるのは6年ぶりです。今まで当たり前のように一緒にいた娘がいない感覚が妙に慣れません。


今回は子どもを連れて行きにくいオシャレなカフェへ行きました。お互い向かい合って座ると、照れてうまく話せません。もう決まったはずのメニューを眺める私たち。なにを恥ずかしがってるの?と自分に突っ込んでいましたね。

関連記事:

ピックアップ

「妻の生活が理解できた…」パパが思う育休をとってよかったことBEST3!
やさしい雰囲気の名前が人気!女の子に人気の「長音ネーム」ランキング
「本当はずっとそばにいたい」育休終了間近のパパの気持ちに共感しかない
習慣にポイント?子どもの好き嫌いがなくなった食育方法とは?【体験談】