メディア個別 【体験談】双子ちゃんを妊娠!おどろきとよろこびの私の出産エピソード | ベビーカレンダー | ママテナ
【体験談】双子ちゃんを妊娠!おどろきとよろこびの私の出産エピソード

【体験談】双子ちゃんを妊娠!おどろきとよろこびの私の出産エピソード

経産婦の私が双子を妊娠。健診のときに双子と聞かされたときは、よろこびと同時におどろきと不安の方が大きかった気がします。5カ月になるとおなかの皮がはちきれそうにパンパンで痛かったり、体を動かしたりするのも大変。でも、不安を支えていたのはおなかを蹴ってくれる双子たちでした。

昨今、双子用バギーを押すママの数が昔よりも増えた気がします。以前よりめずらしくはなくなったのかもしれませんが、その出産体験ってなかなか耳にすることはないですよね。今回は、私が双子を妊娠してから出産するまでの体験を綴ってみたいと思います。

双子を妊娠!内診台でおどろいた!

「双子ですね」「……え?」これが私と先生で交わした最初の言葉でした。子どものころからあこがれてはいたけれど、まさか自分のもとに双子が来てくれるとは!


やっと授かった子どもだったけれど、おどろきと、この先どうなるのかといった不安の方が大きかった気がします。経産婦ではあるものの、まったく予想がつかなかったからです。

双子を妊娠して5カ月

妊娠5カ月の時点で、双子たちの推定体重は400gと500gでした。朝は何とか家事をこなせても、夜になると胃とわき腹あたりの皮がはちきれそうにパンパンで痛かったです。また、一度、座椅子にもたれかかったら、自力で起き上がることが難しくなりました。 前かがみになるのも難しく、背筋を伸ばして座るのも無理でした。


不安を支えていたのは、このころからガンガンおなかを蹴ってくれる双子たちでした。苦しいから蹴るのかと先生に聞いてみると、そうではないそうです。蹴ってくれてる間は元気なのだと安心することができました。

関連記事:

ピックアップ

うぉえっ! 今話題の授乳中に気持ち悪くなる「不快性射乳反射」って?
「警察に自首して」義父の盗撮が発覚!身勝手な言い訳に呆れる…! #セクハラ義父 25
「お願い!早く連れてって!」危うく車内で出産になりかけた!?ドタバタ出産体験談
【業務スーパー】本格的な味に驚愕!人気シリーズのレトルトがすごかった